教育業界ニュース

オンラインフォーラム「Windowsと未来の学び」10/20-11/20

 ビジネス・フォーラム事務局は2020年10月20日~11月20日の1か月間、日本マイクロソフト協賛によるオンラインフォーラム「Windowsと未来の学び みんなのGIGAスクールDays~わかる!基本から事例まで」を開催する。参加は無料。

イベント 教員
オンラインフォーラム「Windowsと未来の学び みんなのGIGAスクールDays~わかる!基本から事例まで」
  • オンラインフォーラム「Windowsと未来の学び みんなのGIGAスクールDays~わかる!基本から事例まで」
  • イベント構成
  • 先行配信セミナー
 ビジネス・フォーラム事務局は2020年10月20日~11月20日の1か月間、日本マイクロソフト協賛によるオンラインフォーラム「Windowsと未来の学び みんなのGIGAスクールDays~わかる!基本から事例まで」を開催する。参加は無料。教員や教育委員会職員などを対象に、オンデマンドLIVE配信や24時間受講可能なオンラインセミナーを実施する。

 新型コロナウイルス感染症による学校の休業により学校現場のICT環境の脆弱さが可視化され、日本の教育現場のICT環境を抜本的に改善するGIGAスクール構想が急ピッチで進められている。そうした状況下で、子どもたちの未来の学びに向けて今後必要となる実践的な教育ICTとはどのようなものなのか、オンラインフォーラム「Windowsと未来の学び」では、教育に携わる関係者に向けて幅広い情報提供を行う。

 フォーラムは、トラック1~3で構成。トラック1「戦略から事例まで~GIGA最前線」では、GIGAスクール構想にどのように取組み、どう教育改革に取り組むべきか、自治体や教育委員会向けに導入・活用戦略や最新事例を伝える。トラック2「ICT授業活用の実践」は、学校の教職員向けに導入後の教育ICTを現場でどう活用していくべきか、最新の授業事例などを紹介する。トラック3「これからの学びと社会」では、子どもたちが21世紀の国際競争社会を生き抜いていくために求められる力や、これからの教育に求められる人材育成の視点、テクノロジーの重要性について、教育に携わるすべての人に向けた特別セッションを行う。

 なお、9月25日よりGIGAスクール構想への自治体の取組み事例をオンデマンドで先行配信している。実際に教育ICT環境をフルクラウド化した埼玉県鴻巣市の取組みについて、教育ICT環境整備の概要や教育クラウドとパソコン端末の選定ポイント、今後の展望などについて紹介する。

 参加は事前登録制。ビジネス・フォーラム事務局のWebサイトにて申込みを受け付けている。参加は無料。定員は1,000名で、申込み多数の場合は抽選となる。

◆オンラインフォーラム「Windowsと未来の学び」
 みんなのGIGAスクールDays~わかる!基本から事例まで
会期:2020年10月20日(火)8:00~11月20日(金)24:00
※先行配信は2020年9月25日(金)より公開
対象:教育委員会職員、小学校、中学校、高校の教員、ほか教育関係者
定員:1,000名(申込み多数の場合は抽選)
参加費:無料
参加方法:ビジネス・フォーラム事務局のWebサイトから事前に申し込む
《畑山望》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top