教育業界ニュース

文部科学白書2019、GIGAスクール構想など特集

 文部科学省は2020年7月10日、2019年度(令和元年度)「文部科学白書」の概要を公表した。特集では「GIGAスクール構想」について取り上げ、学校ICT環境整備の状況や今後の展望、先進事例などを紹介している。刊行予定は2020年7月下旬。

教育行政 文部科学省
令和元年度(2019年度)文部科学白書の概要
  • 令和元年度(2019年度)文部科学白書の概要
  • 文部科学省
 文部科学省は2020年7月10日、2019年度(令和元年度)「文部科学白書」の概要を公表した。特集では「GIGAスクール構想」について取り上げ、学校ICT環境整備の状況や今後の展望、先進事例などを紹介している。刊行予定は2020年7月下旬。

 文部科学省では、教育、科学技術・学術、スポーツ、文化芸術にわたる施策を広く国民に紹介するため、文部科学白書を毎年刊行している。

 2019年度文部科学白書は、巻頭、第1部、第2部で構成。巻頭では「大学入試改革の現状」と「新型コロナウイルス感染症に関する対応」を取り上げ、「大学入試のあり方に関する検討会議」の審議状況や昨今の大学入試を取り巻く現状、新型コロナウイルス感染症に関する文部科学省の対応などを載せている。

 第1部では、「教育の情報化~GIGAスクール構想の実現に向けて~」と「ラグビーワールドカップ2019日本大会の軌跡とレガシー」を特集。このうち、特集1「GIGAスクール構想」については、基盤となる学校ICT環境整備にフォーカスし、これまでの状況、2019年度補正予算成立に向けた動向や概要、新型コロナウイルス感染症を受けた2020年度(令和2年度)補正予算事業の概要、今後の展望について掲載。特集内のコラムでは、先進的な自治体の事例として、茨城県つくば市教育委員会と大阪府箕面市教育委員会の取組みを紹介している。

 特集2では、日本全国12会場で開催されたラグビーワールドカップ2019日本大会について、アジア初のベスト8進出を果たした日本代表の活躍を振り返り、文部科学省の取組みなどを取り上げている。第2部は、文教・科学技術施策の年次報告として、おもな内容を分野ごとに記述。動向や展開をまとめている。

 2019年度「文部科学白書」は2020年7月下旬に刊行予定。文部科学省Webサイトでは、概要をPDF形式で公開している。
《奥山直美》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top