教育業界ニュース

GIGAスクール構想向け「InterSafe GatewayConnection」機能強化

 アルプス システム インテグレーション(ALSI)は、GIGAスクール構想向けにクラウド型セキュアWebゲートウェイサービス「InterSafe GatewayConnection」を大幅に機能強化し、2020年7月20日より配信開始する。

教材・サービス その他
Chromebook でシングルサインオンを実現する「ISGC Agent ChromeOS 版」
  • Chromebook でシングルサインオンを実現する「ISGC Agent ChromeOS 版」
  • 児童・生徒のインストール設定が不要な「Microsoft Intune for Education」に対応
 アルプス システム インテグレーション(ALSI)は、GIGAスクール構想向けにクラウド型セキュアWebゲートウェイサービス「InterSafe GatewayConnection」を大幅に機能強化し、2020年7月20日より配信開始する。YouTubeで文部科学省が提供するチャンネルの動画のみ視聴を許可する機能などを新たに搭載している。

 文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」により、学校における1人1台端末の導入が加速している。また、新型コロナウイルス感染症対策をきっかけに、遠隔授業やオンラインコンテンツを活用した学習機会の確保が教育現場の課題となっており、児童・生徒が自宅でも安全にインターネットを利用して学習できる環境が求められている。

 「InterSafe GatewayConnection」は、Webフィルタリングによって校内授業と家庭学習の安全なインターネット利用を実現するクラウド型セキュアWebゲートウェイサービス。今回の機能強化により、持ち帰り学習のニーズに対応し、児童・生徒が安全かつ学習を妨げず簡単に端末利用できる環境を提供する。

 今回強化された機能は、Chromebookでシングルサインオンを実現する「ISGC Agent ChromeOS版」と児童・生徒のインストール設定が不要な「Microsoft Intune for Education」への対応。また、安全な学習環境を提供するため、YouTubeで文部科学省が提供するチャンネルの動画のみ視聴を許可する機能や、検索結果の不適切な画像表示を強制ブロックする「セーフサーチロック」、クラウドサービスの個人アカウント利用を防止・シャドーIT対策を実現する「HTTPヘッダ制御」の3つの機能を新たに搭載。オンラインコンテンツの安全活用を支援する。

 ALSIは、GIGAスクール構想での安全な学習環境実現を支援する特別キャンペーンを実施。「InterSafe GatewayConnection」は、GIGAスクール構想向けに特別価格で提供している。詳細は、ALSIのWebサイトで確認できる。
《工藤めぐみ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top