教育業界ニュース

Z会と東京書籍、教科書に準拠した授業動画を共同制作

 Z会グループと東京書籍は業務提携契約を締結し、2020年7月より東京書籍発行の検定教科書に準拠した授業動画の共同制作を開始する。まずは、小学校6年生の算数と中学校3年生の数学・英語の1学期ごろまでの授業動画を制作するという。

教材・サービス 授業
Z会グループと東京書籍が業務提携契約を締結
  • Z会グループと東京書籍が業務提携契約を締結
  • 令和2年度 小学校・中学校 学習活動の重点化等に資する年間指導計画参考資料
 Z会グループと東京書籍は業務提携契約を締結し、2020年7月より東京書籍発行の検定教科書に準拠した授業動画の共同制作を開始する。まずは、小学校6年生の算数と中学校3年生の数学・英語の1学期ごろまでの授業動画を制作するという。

 新型コロナウイルス感染症対策による休校や分散登校の影響で、授業時間の確保が困難になり、学校現場では本来の学習内容を十分扱えないことが懸念される。そこで、Z会グループと東京書籍は、児童・生徒たちの学びをサポートするために、授業動画の共同制作を協業により実施することにした。具体的には、東京書籍が発行する教科書や指導者用デジタル教科書の内容に基づき、進学塾を運営する栄光をはじめとしたZ会グループの講師陣が授業を行う動画を制作する。

 その第1弾の取組みとして、小学校6年生の算数と中学校3年生の数学・英語の1学期ごろまでの内容について、学校での補習や復習での活用、生徒の自主学習での活用を想定した動画を制作する。

 動画制作にあたっては、東京書籍が6月5日に公表した「令和2年度 小学校・中学校 学習活動の重点化等に資する年間指導計画参考資料」に基づき、まずは「学校の授業以外の場において行うことが考えられる教材・学習活動」の内容を中心に制作する。

 第2弾以降では、第1弾で扱わなかった単元・内容を追加するほか、学年や科目の拡充を予定しているという。
《工藤めぐみ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top