教育業界ニュース

ソシノ、IoT電子工作・AI学習スマートリモコン発売

 SOCINNO(ソシノ)は2020年4月24日、スマートリモコンを組み立てながら電子工作やプログラミングが学習でき、さらにIoTやAIの仕組みも学習できる「sLab-Remo2(エスラボ・リモ2)」を発売することを発表した。

教材・サービス その他
sLab-Remo2
  • sLab-Remo2
  • sLab-Remo2
  • sLab-Remo2
  • sLab-Remo2
  • sLab-Remo2
 SOCINNO(ソシノ)は2020年4月24日、スマートリモコンを組み立てながら電子工作やプログラミングが学習でき、さらにIoTやAIの仕組みも学習できる「sLab-Remo2(エスラボ・リモ2)」を発売することを発表した。

 「sLab-Remo2」は、スマートリモコンを組み立てながら電子工作やプログラミング、またIoTやAIの仕組みを学習することを目的とする製品。学校などの公的教育機関や企業研修、プログラム教室などで導入されている。

 電子工作の基礎であるLED点灯から環境センサ、赤外線受信センサなどを順番に学習でき、インターネット接続やクラウドを活用したスマートリモコンを制作することで、応用的な内容も身に付けることができる。初心者でも基礎から学習できる工作例を用意し、回路図や配線図・サンプルソフトを用いて丁寧に解説している。

 クラウドを活用したIoTシステムを構築することで、「屋外からスマホで家電制御」「AIスピーカ連携」「人を感知してメール通知」など多様なサービスを実現。実際にクラウドを設定し、IoT機器をプログラミングすることでIoTの仕組みも学習できる。

 Scratch3の拡張機能を有効にすることで、専用ブロックでプログラミングすることが可能。また、キット本体はArduinoを用いてプログラミングでき、LED点灯からスマートリモコン制作までサンプルプログラムを用意し、丁寧に解説する。

 sLab-AI学習サイトと連携することで、AIを体験しながら仕組みを学習することが可能。sLab-AI学習サイトでは、AIモデルの作成やデータ学習により自分でAIを作成することができ、sLab-Remo2のカメラで取得した画像をAIで学習したり判定したりすることもできる。AIの判定結果によってキットを制御することも可能で、sLab-Remo2のカメラで文字を判定させリモコン送信など、AIを活用した仕組みを構築しながら学習することが可能。

 販売価格は3,900円(税別)。団体向けには特別価格で提供する。詳細はWebサイトフォームより問い合わせること。AmazonやYahooサイトにて購入できる。
《桑田あや》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top