教育業界ニュース

文科省、教育情報化専門職の非常勤職員1名を募集

 文部科学省は2022年5月13日、文部科学省初等中等教育局非常勤職員(時間雇用職員)の採用について発表した。採用期間は2022年7月1日から2023年3月31日(予定)。採用予定数は、教育情報化専門職1名。応募締切は5月27日(必着)。

教育行政 文部科学省
文部科学省初等中等教育局非常勤職員(時間雇用職員)採用
  • 文部科学省初等中等教育局非常勤職員(時間雇用職員)採用
  • 文部科学省
 文部科学省は2022年5月13日、文部科学省初等中等教育局非常勤職員(時間雇用職員)の採用について発表した。採用期間は2022年7月1日から2023年3月31日(予定)。採用予定数は、教育情報化専門職1名。応募締切は5月27日(必着)。

 教育情報化専門職1名は、非常勤職員として採用する。おもな業務内容は、学校における教育用端末の普及に関する業務、教育関係通信ネットワークに関する業務、クラウド活用に関する業務、学校への技術的支援に関する業務等。応募資格には、民間企業等において情報技術に関する幅広い業務経験を有すること、情報教育および情報技術に関する深い知見を有すること等が含まれている。

 採用期間は、2022年7月1日から2023年3月31日(予定)。年度契約で、採用後1か月間は条件付の採用となる。業務の進捗状況や勤務実態等に応じて、最大2年間の任用更新可。

 勤務場所は、文部科学省初等中等教育局修学支援・教材課。必要に応じて、健康保険・厚生年金保険・雇用保険に加入できる。採用後6か月経過以降には、年次有給休暇あり。給与は、日給8,270円~1万5,558円。学歴、経験年数を勘案して支給する。

 勤務日は、毎週月曜日から金曜日までの週5日(祝日、年末年始を除く)。勤務日のうち週4日は、午前10時~午後5時(実働6時間)、週1日は午前10時~午後4時(実働5時間)の勤務とする。いずれも休憩時間は、正午から午後1時。なお、業務の都合により、勤務時間の変更・超過勤務を命ずる場合がある。

 応募締切は、5月27日(必着)。履歴書(写真貼付)と職務履歴書(様式任意)を郵送で、文部科学省初等中等教育局修学支援・教材課庶務・助成係宛てに送付する。封書には、必ず「採用審査書類在中(教育情報化専門職)」と明記。

 選考は、書類審査・面接による総合的な審査を経て実施。なお、応募者多数の場合には、書類審査(第一次審査)を通過された人にのみ面接(第二次審査)を行う。面接日は、6月1日ごろを予定。時間等は後日連絡する。

 審査の結果、採用となった人は採用手続書類として、健康診断書、最終学歴の卒業を証明する書類(卒業証明書等)・職歴を証明する書類(在職証明書)、守秘義務に関する誓約書等が必要。採用後は、個人番号(マイナンバー)カードを身分証として使用するため、あらかじめカード取得の手続きをしておく必要がある。詳細は文部科学省Webサイトで確認できる。

◆文部科学省初等中等教育局非常勤職員(時間雇用職員)採用
職名:教育情報化専門職1名
採用期間:2022年7月1日(金)~2023年3月31日(金)予定
応募資格:以下、すべてを満たす者
・高等学校卒業以上または同等以上の学力を有すること
・民間企業等において情報技術に関する幅広い業務経験を有すること
・情報教育および情報技術に関する深い知見を有すること
・パソコンを利用し、電子メール、ワード、エクセル、パワーポイント等による業務処理ができること
・日本国籍を有すること
勤務場所:文部科学省初等中等教育局修学支援・教材課(東京都千代田区霞が関3-2-2)
勤務日:毎週月曜日~金曜日(祝日・年末年始除く)
勤務時間:
<週4日>10:00~17:00(休憩時間12:00~13:00)
<週1日>10:00~16:00(休憩時間12:00~13:00)
給与:日給8,270円~1万5,558円(学歴、経験年数を勘案して支給)
休暇:年次有給休暇あり(採用から6か月経過以降)
応募締切:2022年5月27日(金)必着
《川端珠紀》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top