教育業界ニュース

オミクロン株も従来と同様の感染予防策推奨…文科省

 文部科学省は2022年1月7日、各教育委員会等に対し、新型コロナウイルスの懸念される変異株、オミクロン株に対応した学校における感染症対策に係る留意事項について通知した。

教育行政 文部科学省
新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について
  • 新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について
  • 文部科学省
 文部科学省は2022年1月7日、各教育委員会等に対し、新型コロナウイルスの懸念される変異株、オミクロン株に対応した学校における感染症対策に係る留意事項について通知した。

 今回発出された通知では、現時点におけるオミクロン株に係る知見と、それを踏まえた学校における感染症対策に係る留意事項について記載。オミクロン株については、厚生労働省より「感染性(従来株比)について、高い可能性がある」「重篤度(従来株比)について、十分な疫学情報がなく不明」「再感染やワクチン効果(従来株比)について、再感染リスク増加の可能性があり、また、ワクチンの効果を弱める可能性がある」と見解が示されている。

 学校における感染症対策については、従来と同様に3密の回避、特に会話時のマスクの着用、手洗い等の徹底が推奨されており、特に、冬季であることを踏まえ、換気の徹底について留意するよう求めた。

 各学校における感染症対策を講じるにあたり必要となる経費への支援については、公立・私立の学校についてはすでに文書や電子メールで通知しており、国立大学附属の学校には近日中に通知予定。抗原定性検査キットについては、国立感染症研究所より、その診断精度について、オミクロン株による影響を受けない可能性が示唆されているとの見解が示されており、引き続き、文部科学省より各学校等に対して配布した抗原簡易キットを必要に応じて活用してほしいとしている。
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top