教育業界ニュース

千葉大と横浜国立大、相互連携に関する協定を締結

 千葉大学と横浜国立大学は2021年12月23日、両学の特色を生かした交流を図り、学術研究および教育等において連携を推進し、両学の一層の発展を目的として、相互の連携と協力に関する協定を締結すると発表した。

教育行政 その他
左から、梅原出横浜国立大学長、中山俊憲千葉大学長
  • 左から、梅原出横浜国立大学長、中山俊憲千葉大学長
  • 防災・減災および環境保全に向けて連携
  • 学術研究成果から社会価値創出へ
 千葉大学と横浜国立大学は2021年12月23日、両学の特色を生かした交流を図り、学術研究および教育等において連携を推進し、両学の一層の発展を目的として、相互の連携と協力に関する協定を締結すると発表した。

 協定では、千葉大学の「環境リモートセンシング研究センター」「災害治療学研究所」「大学院園芸学研究院」と横浜国立大学の「台風科学技術研究センター」「大学院環境情報研究院」「大学院都市イノベーション研究院」等の特色や機能を生かし、台風等の災害リスク低減や、地球環境・生態の保全に向けて横断的に連携。脱炭素社会実現への貢献を目指す。

 またイノベーション・エコシステムを推進する千葉大学の「学術研究・イノベーション推進機構」と知の創出の循環システムを推進する横浜国立大学の「先端科学高等研究院」が連携。両学のさまざまな学術研究成果を新技術の創出や地域連携の活性化、ベンチャー支援等の形で社会貢献へと繋げていく。

 さらに両学間で連携推進会議を設置。今後は、東京湾を挟むアクアラインで繋がる国立大学同士で、学術研究、教育、地域貢献等に関して連携や協力の可能性を探っていくとしている。
《川端珠紀》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top