教育業界ニュース

特別支援教育のICT活用オンラインセミナー1/23

 翔泳社が運営する教育ICTのWebメディア「EdTechZine」は2022年1月23日、学校関係者、教育委員会関係者を対象に、「特別支援教育でのICT活用―学びを支援するアクセシビリティとは」を無料オンライン開催する。事前登録制。定員400名。

イベント 教員
EdTechZineオンラインセミナー「特別支援教育でのICT活用―学びを支援するアクセシビリティとは」
  • EdTechZineオンラインセミナー「特別支援教育でのICT活用―学びを支援するアクセシビリティとは」
  • EdTechZine
 翔泳社が運営する教育ICTのWebメディア「EdTechZine」は2022年1月23日、学校関係者、教育委員会関係者を対象に、「特別支援教育でのICT活用―学びを支援するアクセシビリティとは」を無料オンライン開催する。事前登録制。定員400名。

 アクセシビリティとは、「近づきやすさ」「利用しやすさ」を表す英単語で、アクセシビリティ機能を使うと、特別支援学校や小中高校の通常学級に在籍する困難さのある子供たちの学びを支援することができる。セミナーには、特別支援学校教諭で、MIEE Talks@Admin.代表の関口あさか先生とiPhone等を活用して視覚障害者や発達障害者の情報支援を行う医師の三宅琢先生が登壇。特にMicrosoftとAppleのテクノロジーを活用した実践の紹介をする。

 関口あさか先生は「明日から早速使える!」視点で、Windowsのアクセシビリティ機能や、Microsoftのソフトウェアやアプリの活用方法について紹介する。またICTとイラスト等のイメージを組み合わせた英語学習教材や受験生にもお勧めの英語学習とOneNoteの活用法についても紹介する。さらにセミナー申込者限定で「助動詞のイメージシート(ダウンロード版)」を先行配布する予定。

 三宅琢先生は、さまざまな障害をもつ児童が、学ぶうえで知っていると便利な「見ること・読むこと・知ること」の困難さにまつわるアプリの活用方法を紹介。また学校の先生が知っていると便利なアクセシビリティ機能の設定方法について教育現場での導入事例等を中心に紹介する。

 その他、セミナーではQ&Aコーナーを設ける予定。質問はセミナー申込フォームより事前受付もしている。申込みは、EdTechZine読者会員に無料会員登録後、セミナー申込フォームより申し込む。申込締切は、2022年1月21日午後1時まで。

◆特別支援教育でのICT活用―学びを支援するアクセシビリティとは
日時:2022年1月23日
会場:オンライン開催(Zoom)
対象:教職員等の学校関係者、教育委員会関係者
募集人数:400名(先着順)
締切:2022年1月21日(金)13:00
参加費:無料
申込方法:セミナー申込フォームより事前受付(EdTechZine読者会員登録必須)
《川端珠紀》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top