教育業界ニュース

アドビ、Adobe Creative Cloud Expressを発表

 アドビは2021年12月14日、Adobe Sparkの後継となるAdobe Creative Cloud Expressを発表した。プロがデザインしたテンプレートや直観的な機能が追加され、簡単に制作を始めることができ、SNS投稿、異なる環境でもブランディングの一貫性を確保できる。

教材・サービス その他
Adobe Creative Cloud Express
  • Adobe Creative Cloud Express
  • Adobe Creative Cloud Express
 アドビは2021年12月14日、Adobe Sparkの後継となるAdobe Creative Cloud Expressを発表した。プロがデザインしたテンプレートや直観的な機能が追加され、簡単に制作を始めることができ、SNS投稿、異なる環境でもブランディングの一貫性を確保できる。

 Adobe Creative Cloud Expressは、Web版とモバイル版が用意されているので、PCとiOS、Android両方の環境で利用可能となる。

 利用プランには、無料プランとプレミアムプランが用意されており、無料プランには機能制限があるが、プレミアムプランではCreative Cloud Express、Premiere Rush、Photoshop Express、Spark Video、Spark Pageの機能のすべてが利用できる。価格は月額1,078円(税込)、年間プラン1万978円(税込)となる。現在、プレミアムプランを体験できる無料体験版が3か月間無料で利用可能。また「Adobe Creative Cloudコンプリートプラン」と「月額2,728円(税込)の単体プラン」にはAdobe Creative Cloud Expressが含まれており、教育機関には無料で提供する。

 Adobe Creative Cloud Expressのおもな機能としては、「写真の背景の除去、ビデオのトリミングや結合、ビデオのGIF化、PDFの変換や書き出しが数クリックで完了するAdobe Sensei搭載のクイックアクション機能」や「Adobe Stockマーケットプレイス機能を利用した高度な検索」「Adobe Creative Cloudライブラリの統合」等がある。

 さらに、Adobe Fontsが提供する2万種類のプレミアムフォントと、Adobe Stockが提供するロイヤリティフリーライセンス取得済み写真を利用でき、テンプレートをドラッグ&ドロップ操作のみで簡単にカスタマイズができる。今後、ContentCalの買収とアドビ製品への統合にともない、SNS投稿のワークフローをシームレスに管理する機能を追加する予定。またエンタープライズ版、グループ版のAdobe Creative Cloud Expressは、2022年に提供を予定している。
《川端珠紀》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top