教育業界ニュース

大学間の情報交換「大学業務ソリューションセミナー」12月

 早稲田大学アカデミックソリューションは、2021年12月13日、15日の2日間にわたって、オンラインセミナー「2021年度大学業務ソリューションセミナー」を開催する。日程別講演のほか、参加大学間での情報共有や、相談ブース等が設けられる。

イベント 教員
2021年度 大学業務ソリューションセミナー(大学間ネットワーキング)
  • 2021年度 大学業務ソリューションセミナー(大学間ネットワーキング)
  • 早稲田大学アカデミックソリューション
 早稲田大学アカデミックソリューションは、2021年12月13日、15日の2日間にわたって、オンラインセミナー「2021年度大学業務ソリューションセミナー」を開催する。質疑応答含む講演の他、参加大学間での情報共有や、ソリューションサービスについての相談ブース等の場が設けられる。

 「大学業務ソリューションセミナー」は、大学内の部署業務担当者が参加し、業務についてフラットに課題の共有や情報交換する場として例年開催されてきた。

 同セミナーでは、日程別の異なる講演が行われる。12月13日は、桜美林学園 総合企画部 部長の和田満氏、総合企画部 経営企画課 課長代理の瀧本隆二氏による「ワークスタイル改革のこれまでとこれから」、関西大学 国際事務局 国際教育グループ 課長の川上恵子氏、国際事務局 国際教育グループ 課長の鳥海健氏による「国際交流再開に関する取組みや課題、そして展望」の2つの講演が行われる。

 12月15日は、広島大学 高等教育研究開発センター センター長の小林信一氏による「大学経営に関するアメリカの現状と日本の大学の課題」、神奈川大学 社会連携センター 課長の市川洋行氏による「神奈川大学みなとみらいキャンパスのご紹介と社会連携の取組みについて」の2つの講演が行われる。

 「大学間ネットワーキング(参加大学間情報交換会)」では、日程別に異なるテーマで大学の業務に関する課題や情報の交換が行える。各テーマの情報交換前の冒頭には特別講演が設定されている。

 「ソリューションサービス別相談ブース」は、1日4回の開催時間が設定されており、時間帯に相談したいテーマのブース画面をクリックすると、Zoomで担当スタッフと話せる。当日に参加できない場合は、後日オンラインミーティング等の実施も可能。

 セミナーの対象は全国の大学職員で、参加にはWebサイトにて行う事前申込が必須。参加費は無料で、定員はテーマ毎に各会最大300名。定員になり次第、受付終了。

◆2021年度大学業務ソリューションセミナー
日時:2021年12月13日(月)、15日(水)10:00~17:00
形式:オンライン
対象:全国大学職員(職員は一般職から管理職まで)
時間配分:各セミナー開始から60分、後半120分の時間は参加大学間のテーマ別参加大学上情報交換会(入退出自由)
参加定員:テーマ毎に各会最大300名(申込時の参加予約制) ※定員になり次第受付終了
申込方法:Webサイトにて行う
参加費:無料
《高垣愛》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top