教育業界ニュース

緊急事態宣言延長、小中高に対策徹底を要請…文科省

 文部科学省は2021年9月9日、政府の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」が変更されたことを受け、各学校とその設置者に対して変更内容を通知し、感染対策の徹底を要請した。

教育行政 文部科学省
新型コロナウイルス感染症 緊急事態宣言、まん延防止等重点措置
  • 新型コロナウイルス感染症 緊急事態宣言、まん延防止等重点措置
  • 新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について
 文部科学省は2021年9月9日、政府の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」が変更されたことを受け、各学校とその設置者に対して変更内容を通知し、感染対策の徹底を要請した。

 政府は、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言について、19都道府県を対象に実施期間を9月30日まで延長した。宮城県と岡山県は9月12日をもって緊急事態宣言を終了とする。また、まん延防止等重点措置について、9月13日以後は、宮城県と岡山県を対象区域に追加し、実施期間を9月30日までとする。これらの決定にともない、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」が変更された。

 政府の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」が変更されたことを受けて、文部科学省は9月9日、小学校・中学校・高校等の各学校とその設置者に対して事務連絡を発出。基本的対処方針等に基づく新型コロナウイルス感染症対策の徹底を要請した。

 緊急事態宣言の対象区域と重点措置区域の学校では、「感染症対策を講じてもなお感染リスクが高い活動」を一時的に制限することや、不要不急の都道府県間の移動をともなう活動は極力控えること、家庭と連携協力して基本的な感染症対策を徹底するため、積極的な情報発信を行うこと等、感染症対策を強化するよう呼び掛けている。

 高校等の抗原簡易キット配布希望については、順次、配布を進めている。また、対処方針に記載されている「中学校、小学校、幼稚園等の教職員や速やかな帰宅が困難である等の事情のある児童生徒(小学校4年生以上)への抗原簡易キットの活用」については、9月上旬以降、幼稚園や小学校、中学校等へ順次配布を進めているという。

 なお、変更後の対処方針における学校の取扱いに係る記載については、8月25日付けで文部科学省から通知された「新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言等を踏まえた小学校、中学校および高等学校等における新型コロナウイルス感染症への対応に関する留意事項について」の内容から変更はない。
《工藤めぐみ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top