教育業界ニュース

事例も紹介「ICT教育環境整備ハンドブック2021」

 日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)は2021年6月16日、「先生と教育行政のためのICT教育環境整備ハンドブック2021」を発行したと発表した。WebサイトからPDFデータをダウンロードできる。

事例 ICT活用
先生と教育行政のためのICT教育環境整備ハンドブック2021
  • 先生と教育行政のためのICT教育環境整備ハンドブック2021
  • 先生と教育行政のためのICT教育環境整備ハンドブック2021 もくじ
 日本教育情報化振興会(JAPET&CEC)は2021年6月16日、「先生と教育行政のためのICT教育環境整備ハンドブック2021」を発行したと発表した。WebサイトからPDFデータをダウンロードできる。また、希望者には冊子を無料で提供する(送料実費)。

 ICT教育環境整備ハンドブックは、学校でのICT活用方法や環境整備の進め方をわかりやすく紹介しており、教員の研修等に活用できる。

 6つの章に分け、学校の授業や校務でのICT、情報セキュリティ、環境整備の現状、環境整備のための予算確保、有利なレンタル/リースについて掲載。また、愛知県春日井市や上越教育大学附属中学校、大阪府大阪市、神奈川県川崎市の4つの事例を紹介している。

 コラム「GIGAスクール時代の授業はどうつくる」では、1人1台の端末は、難しく考えずにPCを黒板や教科書、ノートと考えて指導するようアドバイスしている。

 冊子の注文は、JAPET&CECのWebサイトより受け付ける。冊子無料、送料実費。会員向けには別途送付予定。

◆先生と教育行政のためのICT教育環境整備ハンドブック2021
【もくじ】
第1章 学びへのICT活用
第2章 校務でのICT活用
第3章 情報セキュリティ
第4章 ICT環境整備の現状
第5章 ICT環境整備のための予算確保
第6章 環境整備に有利なレンタル/リース
《工藤めぐみ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top