教育業界ニュース

すらら、EdTech導入補助金活用に向けた導入説明会6月

 すららネットは2021年6月10日・15日・29日、学校・自治体を対象に、EdTech導入補助金活用に向けた「すらら」「すららドリル」導入説明会をオンラインで開催する。

イベント 教員
Edtech導入補助金を活用する学校・自治体を募集
  • Edtech導入補助金を活用する学校・自治体を募集
  • すらら
 すららネットは2021年6月10日・15日・29日、学校・自治体を対象に、EdTech導入補助金活用に向けた「すらら」「すららドリル」導入説明会をオンラインで開催する。

 「すらら」は、小学校から高校までの国語、算数/数学、英語、理科、社会5教科の学習を、先生役のアニメーションキャラクターと共に、ひとりひとりの理解度に合わせて進めることができるアダプティブなeラーニング教材。小・中・高校、学習塾をはじめ、放課後等デイサービス等においても活用されている。また、「すららドリル」は、アダプティブなドリルと自動作問・採点機能を有するテストにより、学びの個別最適化を実現する「すらら」の姉妹版という位置づけで、おもに公立小中学校で活用されている。

 経済産業省が進める「EdTech導入補助金」は、EdTechを学校等に導入実証する事業者に費用の一部を補助する制度。学校や教育委員会等の費用負担を軽減することによりEdTechを導入しやすくし、教育のイノベーションにつなげることを目的としている。

 2020年度は、EdTech導入補助金の交付を受けたことにより全国672校の実証校に「すらら」「すららドリル」が導入され、約25万人の生徒が学習した。導入校では導入前後の小テストの正答率が上昇したといった学習成果、教員の授業準備にかける時間が大幅に減少したといった負担軽減の効果がみられたという。終了後の児童・生徒アンケートでは、「わかるようになった」「集中できるようになった」という声が寄せられた。

 2020年度に続き2021年度もEdTech導入補助金が実施されることを受け、すららネットでは補助金を活用する学校・自治体を募集。交付が決定されると、2022年3月下旬(予定)まで「すらら」または「すららドリル」を無償で利用することができる。

 6月10日・15日・29日には、学校・自治体を対象に、EdTech導入補助金活用に向けた「すらら」「すららドリル」導入説明会をオンラインにて開催する。申込みは、すららWebサイトにて受け付けている。

◆EdTech導入補助金活用に向けた「すらら」「すららドリル」導入説明会
日時:2021年6月10日(木)・15日(火)・29日(火)16:30~17:30
形式:オンライン
対象:学校・自治体
申込方法:すららWebサイトにて申し込む
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top