教育業界ニュース

「やさしい字幕」実証事業開始、1,600本公開へ…eboard

 eboard(いーぼーど)は2021年5月14日、オンライン学習の機会確保が困難となっている、ろう・難聴児や外国につながる子をおもな対象とした映像授業字幕「やさしい字幕」を2021年夏に公開すると発表した。4月には、効果的な活用に向けた実証事業をスタートした。

教材・サービス 授業
やさしい字幕プロジェクト
  • やさしい字幕プロジェクト
  • 中学社会の映像授業の「やさしい字幕」
  • 中学社会の映像授業の「やさしい字幕」(英語の自動翻訳字幕)
 eboard(いーぼーど)は2021年5月14日、オンライン学習の機会確保が困難となっている、ろう・難聴児や外国につながる子をおもな対象とした映像授業字幕「やさしい字幕」を2021年夏に公開すると発表した。4月には、効果的な活用に向けた実証事業をスタートした。

 eboardは、全国的な休校が続いた2020年春の新型コロナウイルス感染拡大時、ICT教材eboardを全国100万人以上に届けた。その際、聴覚障害や日本語支援が必要な子に配慮されたオンライン教材が社会的に不足していることから要望が相次いだのを受け、2020年秋に保有する小学校高学年と中学校の映像授業約1,600本に「やさしい字幕」をつけるプロジェクトを開始した。

 「やさしい字幕」とは、ろう・難聴の子、外国につながる子、学びの困りごとを抱えた子をおもな対象とした映像授業字幕。表示量の調整、言葉や文章構造の簡素化を行うことで、学習のハードルが下がるよう編集されている。「やさしい字幕」化により、自動翻訳で得られる外国語字幕の精度も上がるため、外国につながる子の学習支援での活用も期待されている。

 字幕の作成には、これまでに16の企業・団体ボランティア、個人のボランティアあわせて、延べ1,000人以上が協力。2021年夏に約1,600本分の「やさしい字幕」を公開できる運びとなった。義務教育課程の学習内容を広く取り扱った動画教材としては、国内で唯一、字幕による機会保障を行なった教材が誕生することになる。

 公開に先立ち、4月からは東京都立大塚ろう学校、柏市教育委員会「きこえの教室」等の協力により、「やさしい字幕」の利用が想定される教育現場での効果的な活用モデル作りに向けた実証事業をスタートさせた。やさしい字幕実証事業として、セールスフォース・ドットコムから新型コロナウイルス関連の緊急支援の寄付を受け、2022年以降も類する教育・学習支援現場への展開を目標に進めていく。

 eboardでは、約1,600本の「やさしい字幕」の公開後はさらに対象となる学年を広げ、小学校低学年の映像授業についても字幕の追加を進めていきたい考え。現在、在宅・オンラインで取組みに協力してくれる企業・団体ボランティア計300人を募集している。参加要件等はWebサイトから確認できる。
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top