教育業界ニュース

AI先生「atama+」小学生向け算数の提供開始

 atama plusは2021年2月5日、全国2,100以上の塾教室で採用されているAIを用いた学習システム「atama+(アタマプラス)」において、小学4年生以上を対象に「算数」の提供を開始したことを発表した。

教材・サービス 授業
atama+小学生向け「算数」提供開始
  • atama+小学生向け「算数」提供開始
  • atama+小学生向け「算数」の学習画面イメージ
 atama plusは2021年2月5日、全国2,100以上の塾教室で採用されているAIを用いた学習システム「atama+(アタマプラス)」において、小学4年生以上を対象に「算数」の提供を開始したことを発表した。

 atama+は、AIを用いた学習システム。つまずきの根本原因をAIが特定し、生徒ひとりひとりにあった「自分専用カリキュラム」を作成することで、生徒の学力を効率的に伸ばすことができる。

 atama+では、これまで高校生向けに数学・英語・物理・化学、中学生向けに数学・英語・理科を提供してきた。今回、β版を経て、小学生向け算数の提供を開始。学習指導要領の範囲に加えて、「つるかめ算」「植木算」などの中学受験分野の範囲もカバーし、幅広い小学生の学習ニーズに対応する。

 β版の算数を先行利用した塾からは、「普段、集中力の続かない小学生がatama+を使いはじめた途端、40分間の授業中ずっと集中していたことに驚きました。今までの学習方法では達成できなかった成績の伸びにつながっている生徒も多く、大変嬉しく思います」、また生徒からは「どんどん問題が出てくるから楽しい。今までの教材よりわかりやすい!」といった声が寄せられているという。
《桑田あや》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top