教育業界ニュース

aibo初の法人向けレンタルサービス開始…プログラミング教育にも

 オリックス・レンテックは2020年11月17日、ソニーのエンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」の法人向けレンタルサービスを開始すると発表した。aiboの法人向けレンタルサービスは初の試み。レンタル期間は36か月、月額レンタル料金は1万150円(税別)。

教材・サービス その他
aibo
  • aibo
  • aibo
  • オリックス・レンテック
 オリックス・レンテックは2020年11月17日、ソニーのエンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」の法人向けレンタルサービスを開始すると発表した。aiboの法人向けレンタルサービスは初の試み。レンタル期間は36か月、月額レンタル料金は1万150円(税別)。

 aiboは、人との間に共感を生み出すことで育てる喜びや愛情の対象となることを目指して開発されたエンタテインメントロボット。ソニーが長年培ってきたセンシング技術が搭載されており、体の各所に埋め込まれたカメラ、マイク、各種センサーなどで収集された外部からのデータをクラウド上で蓄積し、人工知能(AI)を使って処理することで、賢く個性的に成長することができる。つぶらな瞳や生き生きとした動き、触れて遊んで理解することで、人との間に確かなコミュニケーションを生むことができる人気のロボットだ。

 家庭におけるペットのような身近な存在のエンタテイメントロボットでありながら、2019年11月にはaiboのソフトウエアAPIの無償公開を実施。aiboの動きを手軽にプログラミングできるようになった。近年、プログラミング教育が急速に加速する中、aiboのレンタルサービスを活用することで教育機関や学習塾において、より子どもたちの興味関心を得ながら身近なプログラミング学習コンテンツとしての利用が想定される。

 レンタルサービスは、aibo本体に専用のクラウドサービス「aiboベーシックプラン」とメーカーの保守サービス「aiboケアサポート」をセット。Wi-Fi接続やモバイル回線接続でaibo本体からデータや写真のアップロードによる保存や、専用アプリを使ったaiboとのコミュニケーション、aiboの成長を楽しむことができる。レンタル契約期間は36か月、月額レンタル料は1万150円(税別)。問合せはオリックス・レンテックにて受け付けている。
《畑山望》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top