教育業界ニュース

【全国学力テスト】2021年度、教育測定研究所とZ会に委託

 文部科学省は2020年10月30日、2021年度(令和3年度)の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)について、小学校事業を実施するための委託先機関に教育測定研究所が決定したと公表した。中学校事業の委託先機関には、Z会が決まっている。

教育行政 文部科学省
小学校事業の委託先機関の決定等について
  • 小学校事業の委託先機関の決定等について
  • 中学校事業の委託先機関の決定等について
 文部科学省は2020年10月30日、2021年度(令和3年度)の全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)について、小学校事業を実施するための委託先機関に教育測定研究所が決定したと公表した。中学校事業の委託先機関には、Z会が決まっている。

 文部科学省では、全国学力テストを実施するための委託事業について毎年、総合評価落札方式による一般競争入札で委託先機関を決定している。

 2021年度全国学力テストを実施するための委託事業の一般競争入札のうち、小学校事業には教育測定研究所、内田洋行の2社が応札。ヒアリング審査(小学校事業技術審査)を経て、10月30日に開札され、教育測定研究所が15億6,200万円(税込)で落札した。

 中学校事業ではZ会と内田洋行の2社が応札し、ヒアリング審査(中学校事業技術審査)を経て、9月23日に開札。Z会が18億4,800万円(税込)で落札した。

 全国学力テストを実施するための委託先機関は、新型コロナウイルス感染症の影響で中止となった2020年度(令和2年度)を含め、小学校事業で教育測定研究所が委託契約を締結するのは3年連続。Z会は、小学校事業、中学校事業を通じて初めての委託となる。

 全国学力テストは、全国の小学6年生と中学3年生を対象に実施。2021年度は、新型コロナウイルス感染症による長期休校の影響などから、当初計画より約1か月延期し、2021年5月27日に実施予定。
《奥山直美》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top