教育業界ニュース

東京都教員採用、受験倍率2.7倍…5年前の半分近くに低下

 東京都教育委員会は2020年10月23日、2020年度東京都公立学校教員採用候補者選考(2021年度採用)の結果を公表した。受験者数は9,265人、選考合格者数は3,402人。受験倍率は2.7倍で、5年前の5.0倍から半分近くに低下している。

教育行政 教育委員会
2021年度採用および過去5年の受験者数・受験倍率など(全体)
  • 2021年度採用および過去5年の受験者数・受験倍率など(全体)
  • 2021年度採用および過去5年の受験者数・受験倍率など(おもな校種)
  • 2020年度東京都公立学校教員採用候補者選考(2021年度採用)結果
 東京都教育委員会は2020年10月23日、2020年度東京都公立学校教員採用候補者選考(2021年度採用)の結果を公表した。受験者数は9,265人、選考合格者数は3,402人。受験倍率は2.7倍で、5年前の5.0倍から半分近くに低下している。

 2020年度東京都公立学校教員採用候補者選考は、採用見込者数2,905人に対し、応募者数1万1,312人、受験者数9,265人。選考合格者である名簿登載者数は3,402人。名簿登載者に対する受験者数の倍率は、全体で2.7倍。受験倍率は近年、低下傾向にあり、2016年度の5.0倍と比較すると、半分近くに下がっている。

 校種別では、小学校全科(理科コース・英語コース含む)は受験者数3,053人(前年度比275人減)、受験倍率2.0倍(同0.1ポイント減)。中高共通は受験者数4,250人(同587人減)、受験倍率3.3倍(同0.8ポイント減)。特別支援学校は受験者数610人(同54人減)、受験倍率3.1倍(同0.1ポイント減)など。

 受験倍率がもっとも高かったのは、高校「情報」の39.0倍、ついで特別支援学校・中学部高等部「英語」15.5倍、高校「商業」11.0倍、高校「農業・食品系」10.0倍。もっとも低かったのは、高校「工業・化学系」1.0倍であった。

 東京都教育委員会では、Webサイトに選考結果を掲載したほか、受験者全員に郵送で通知する。今後は、採用候補者名簿登録者を各区市町村教育委員会または都立学校に紹介し、面談を経て、採用する。2022年度の採用に向け、オンラインによる個別相談会などの実施も予定している。
《奥山直美》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top