教育業界ニュース

大学の授業「面接と遠隔を併用」が6割、文科省調査

 全国の国公私立大学・高等専門学校のうち、約6割が面接授業と遠隔授業を併用していることが2020年7月17日、文部科学省の調査結果からわかった。遠隔授業は23.8%、面接授業は16.2%だった。面接授業を全面的に開始する予定の時期については、約6割が「検討中」とした。

教育行政 文部科学省
7月1日時点における授業の実施方法
  • 7月1日時点における授業の実施方法
  • 7月1日時点における授業の実施状況
  • 一部で面接授業を開始する予定の時期
  • 全面的に面接授業を開始する予定の時期
  • 学内施設の利用可否
 全国の国公私立大学・高等専門学校のうち、約6割が面接授業と遠隔授業を併用していることが2020年7月17日、文部科学省の調査結果からわかった。遠隔授業は23.8%、面接授業は16.2%だった。面接授業を全面的に開始する予定の時期については、約6割が「検討中」とした。

 「新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえた大学等の授業の実施状況」は、文部科学省が全国の国公私立大学と高等専門学校を対象に7月1日時点の状況を調査して取りまとめたもの。公立大学と私立大学には、専門職大学と短期大学を含む。

 7月1日時点の状況については、回答のあった国立大学86校、公立大学102校、私立大学824校、高等専門学校57校の計1,069校すべてが「授業を実施している」と回答した。

 授業の実施方法は、「面接授業と遠隔授業を併用」が60.1%ともっとも多かった。遠隔授業を全面的に実施しているのは23.8%、感染拡大の防止に配慮しながら学生を通学させて面接授業を全面的に実施しているのは16.2%だった。

 学校種別では、国立大学は「遠隔授業」が34.9%と多く、公立大学は「面接・遠隔を併用」が70.6%と多かった。「面接授業」は高等専門学校が33.3%と、多い傾向にあった。

 全部の授業を遠隔で実施していると回答した254校に対し、一部でも面接授業を開始する予定の時期を尋ねた結果は、「7月中」28.3%、「8月中」22.0%、「9月以後」24.8%、「検討中」23.2%。

 全部または一部の授業を遠隔で実施していると回答した896校に対し、全面的に面接授業を開始する予定の時期を尋ねた結果では、「検討中」が59.7%にのぼった。「7月中」は3.9%、「8月中」は2.1%、「9月以後」は25.1%であった。

 学内の施設・設備の利用可否状況は、施設の維持などのための立入りを除き一切禁止する「全面的に不可」が1.7%、授業や研究を行う場合のみ利用を認める「授業等のみ可」が34.5%、授業など以外の場合も一部利用を認める「授業等以外も一部可」が42.4%、施設の利用を広く認める「全面的に可」が15.0%だった。
《奥山直美》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top