教育業界ニュース

マイクロソフト「GIGAスクールWindowsPC導入展開パック」提供開始

 日本マイクロソフトは2020年7月15日、新型コロナウイルス感染症の環境下における新しい学習環境の整備を支援するため、無償の端末展開支援サービス「GIGAスクール Windows PC 導入展開パック」を提供開始した。

教材・サービス 授業
日本マイクロソフト「GIGAスクール Windows PC 導入展開パック」
  • 日本マイクロソフト「GIGAスクール Windows PC 導入展開パック」
  • GIGA スクール構想のクラウド展開手法
 日本マイクロソフトは2020年7月15日、新型コロナウイルス感染症の環境下における新しい学習環境の整備を支援するため、無償の端末展開支援サービス「GIGAスクール Windows PC 導入展開パック」を提供開始した。これにより、1人1台の学習者用端末の導入とキッティングのコスト・工数が軽減される。

 日本国内では、新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言時に多くの児童・生徒・学生が自宅でのリモート学習を余儀なくされた。文部科学省は、「GIGAスクール構想」を加速させ、1人1台学習者用端末の出荷・導入を急遽、2020年度の単年度に繰り上げることを発表している。一方、各自治体の学校における端末の導入は、1台1台のデバイスの供給と、マスターイメージ作成・イメージ展開・管理用サーバー構築などの導入工数とコストが大きな障害になると指摘されている。

 日本マイクロソフトは、1人1台の学習インフラ整備を支援するため、販売パートナー企業(7月15日時点で11社)やデバイスメーカー各社(7月15日時点で9社)と連携し、「GIGAスクール Windows PC 導入展開パック」を無償で提供する。対象は、Microsoft 365 Education GIGA PromoおよびGIGAスクール対応PCを導入する組織。

 日本マイクロソフトは「クラウド展開センター」を設置し、Microsoft Teamsを活用したリモート支援を行う。販売パートナー企業およびデバイスメーカー各社は、端末の登録や校内で利用するWi-Fi設定など、学習者用端末に対する設定ファイルを作成。初期設定ファイルを書き込んだUSBメモリを挿入し、端末の電源をONにするだけで各種の設定を自動で行えるようになる。デバイスメーカー各社は、Windows 10やMicrosoft 365 Apps(旧Office 365 ProPlus)をインストールした端末モデルを用意するため、導入時のアプリケーションの更新・インストール時間が大幅に削減できる。

 「GIGAスクール Windows PC 導入展開パック」を活用すると、端末のインストール作業時間の短縮効果として1台につき約40分短縮できる。また、販売パートナーが、初期設定ファイルを使用して端末の登録ならびに校内で利用するWi-Fi設定を自動化することで1台につき約20分短縮することができる。たとえば、学習者用端末の導入数を市部平均(政令指定都市を除く)7,950台の納入とした場合、合計で約7,950時間に及ぶキッティング工数とその人的費用の削減の実現が可能になるという。

◆日本マイクロソフト「GIGAスクール Windows PC 導入展開パック」
【販売パートナー企業各社(五十音順)】※2020年7月15日時点
株式会社内田洋行
SB C&S株式会社
株式会社大塚商会
シネックスジャパン株式会社
Sky株式会社
ダイワボウ情報システム株式会社
西日本電信電話株式会社
東日本電信電話株式会社
富士ソフト株式会社
富士電機ITソリューション株式会社
リコージャパン株式会社

【対応モデル提供予定デバイスメーカー各社(五十音順)】
ASUS JAPAN株式会社
Dynabook株式会社
日本エイサー株式会社
株式会社日本HP
日本電気株式会社
日本マイクロソフト株式会社
富士通株式会社
株式会社マウスコンピューター
レノボ・ジャパン合同会社
※連携パートナー企業は順次拡大予定
《工藤めぐみ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top