教育業界ニュース

経産省「未来の教室」オンラインキャラバン6/5…成果報告やQ&A

 経済産業省「未来の教室」オンラインキャラバンが2020年6月5日に開催される。ウィズコロナ時代におけるEdTechの可能性や課題に関するディスカッションのほか、全国各地の成果報告、Q&Aを盛り込んだインタラクティブなセッションを展開予定。参加無料で、事前申込が必要。

イベント 教員
未来の教室 オンラインキャラバンキックオフDay#1
  • 未来の教室 オンラインキャラバンキックオフDay#1
  • 内容・登壇者
 経済産業省「未来の教室」オンラインキャラバンが2020年6月5日に開催される。ウィズコロナ時代におけるEdTechの可能性や課題に関するディスカッションのほか、全国各地の成果報告、Q&Aを盛り込んだインタラクティブなセッションを展開予定。参加無料で、事前申込が必要。

 経済産業省は、未来を見通しにくい時代を生きる子どもたちひとりひとりが、未来を創る当事者(チェンジメイカー)に育っていく学習環境を構築するために、2019年6月に「未来の教室」とEdTech研究会の第2次提言として、「未来の教室」ビジョンを公表した。未来の教室は、「学びのSTEAM化」「学びの自立化・個別最適化」「新しい学習基盤づくり」の3つの柱で構成される。

 「未来の教室」事業が3年目を迎える2020年度は、コロナ禍の新たな取組みとして、未来の教室オンラインキャラバンを開催する。主催は、経済産業省とボストンコンサルティンググループ教育イノベーション協議会。

 未来の教室オンラインキャラバンは、「ウィズコロナ時代の学び」をテーマにトークセッションやパネルディスカッション、Q&A、EdTech導入補助金などの紹介をする。「未来の教室」事業を進める経済産業省教育産業室長の浅野大介氏や、デジタルハリウッド大学大学院の佐藤昌宏教授、熊本市教育委員会 教育長の遠藤洋路氏、奈良県立教育研究所 主幹の小崎誠二氏などが登壇する。

 参加申込は、Webサイトにて受け付けている。前日までに、ライブイベント視聴用のURLが参加予定者に送付される。当日は、Microsoft Teamsライブイベントでの開催を予定している。匿名になるが、ブラウザ上からサインインせずに参加することも可能。

◆未来の教室 オンラインキャラバンキックオフDay#1
日時:2020年6月5日(金)19:00~21:30
会場:オンライン
対象:自治体、教育委員会、教員など教育関係者
参加費:無料
申込方法:Webサイト(Peatix)より申し込む
《工藤めぐみ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top