教育業界ニュース

文科省、コロナ受け学校教育関係者へのメッセージ公表

 中央教育審議会初等中等教育分科会・新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会は2020年4月30日、文部科学省をはじめとする関係行政機関を含む全国の学校教育関係者に対し、メッセージを発出した。

教育行政 文部科学省
全国の学校教育関係者のみなさんへのメッセージ
  • 全国の学校教育関係者のみなさんへのメッセージ
  • 全国の学校教育関係者のみなさんへ(一部)
 中央教育審議会初等中等教育分科会・新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会は2020年4月30日、文部科学省をはじめとする関係行政機関を含む全国の学校教育関係者に対し、メッセージを発出した。

 中央教育審議会初等中等教育分科会は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う臨時休業などにより、学校に登校できない子どもたちへの支援と学校再開後の在り方について、全国の学校教育関係者にメッセージを発出。「多様な手段による子どもの状況把握、学びの保障、心のケアなどの対応」「文部科学省による教育現場への徹底した支援」「子どもたちの学び合う場の確保」の3点について述べた。

 学校においては感染防止に配慮しつつ、ICTや電話、郵便などのあらゆる手段を活用して、できる限り子どもたちや保護者とつながることを意識するよう求め、子どもたちの状況について把握する際には、平常時のルールや考え、対応に固執することなく、学校や家庭のICT機器の活用や家庭と地域の連携を含むさまざまな対応を行うこととした。さらに、感染者などに対する偏見や差別の防止、学校再開後を見据えた授業の質や量の確保のための指導計画の見直しや、学校再開後も含む継続的な心のケアも求めた。

 また、文部科学省においては、全国的な臨時休業が長期化する可能性も想定しつつ、子どもたちが学びを継続し、それぞれ着実に進級・卒業ができるよう、学校の設置者や関係団体と密に連携を図り、各地域の状況を把握し、適時適切な情報提供や相談体制の構築にとどまらず、制度の柔軟な運用・改訂や必要十分な財政措置を含め思い切った対応を行うことを求めた。

 新型コロナウイルス感染症の収束後の学校教育においても、多様な子どもたちを誰1人取り残さない個別最適化された学びの実現のため、各自治体においてICTの整備を確実に進め、教職員のみならずさまざまな専門職の学校のサポーターが学校を支えるなどの指導体制の充実を図り、子どもたちの学び合う場を確保することが重要であると述べている。
《桑田あや》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top