教育業界ニュース

【高校受験2022】都立高入試、特例による検査3/9…コロナ対応

 東京都教育委員会は2022年2月3日、令和4年度(2022年度)東京都立高等学校入学者選抜において、新型コロナウイルス感染症の影響にともなう特例措置として、3月9日に「特例による検査」を実施することを発表した。

教育行政 教育委員会
特例による検査
  • 特例による検査
  • 東京都教育委員会
 東京都教育委員会は2022年2月3日、令和4年度(2022年度)東京都立高等学校入学者選抜において、新型コロナウイルス感染症の影響にともなう特例措置として、3月9日に「特例による検査」を実施することを発表した。

 東京都は、オミクロン株による新型コロナウイルス感染症への感染が拡大している状況を受けて、2022年度東京都立高校入学者選抜において、「特例による検査」を実施する。

 応募資格は、文化・スポーツ等特別推薦および国際バカロレアコース入学者選抜、海外帰国生徒、引揚生徒、在京外国人生徒対象の選抜の検査日当日に、新型コロナウイルス感染症の感染者等であったため、出願した都立高校を受検することができなかった者のうち、特例による検査の措置を申請し、当該学校長から承認を得た者。措置の申請期限は2月22日午後5時。

 特例による検査は、3月4日午前9時から午後3時まで出願を受け付け、3月9日に検査を実施。3月15日に合格発表を行い、3月15日正午から午後3時と3月16日午前9時から正午に入学手続きを受け付ける。

 3月9日の検査当日に新型コロナウイルス感染症の感染者等であったため、受検できなかった場合は、別途定める日に特例による検査を実施する。なお、4月に行われる通信制課程の入学選抜については、各都立高校において、特例による検査日等を別途定める。

 特例による検査の応募資格者が、2月21日実施予定の学力検査に基づく選抜において、特例による検査を受検する都立高校とは異なる都立高校を受験し、合格した場合は、特例による検査を受検できないものとする。また、特例による検査を受検する者が、分割後期募集・全日制第二次募集またはインフルエンザ等学校感染症罹患者等に対する追検査で、特例による検査と異なる都立高校を受検し、双方の学校において、合格候補者となった場合は、特例による検査を受検した都立高校の合格者とする。

 特例による検査、追検査および追々検査に係る入学考査料については免除される。この他、特例による検査に係る募集人員や各選抜の検査内容、選考方法等は東京都教育委員会Webサイトにて確認できる。
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top