教育業界ニュース

第35回「英検」研究助成制度募集開始

 日本英語検定協会は2022年2月1日~4月30日の期間、英検研究助成に応募する企画を募る。一次選考(5月下旬)、二次選考(6月下旬)、最終選考(7月中旬)を経て、2023年8月に助成金贈呈と研究報告書提出を行う。最終報告書集の完成は、2024年2月下旬。

イベント 教員
第35回「英検」研究助成制度 募集テーマ
  • 第35回「英検」研究助成制度 募集テーマ
  • 募集期間
  • 応募資格者
  • 助成金・入賞対象件数
 日本英語検定協会は2022年2月1日~4月30日の期間、英検研究助成に応募する企画を募る。一次選考(5月下旬)、二次選考(6月下旬)、最終選考(7月中旬)を経て、2023年8月に助成金贈呈と研究報告書提出を行う。最終報告書集の完成は、2024年2月下旬。

 日本英語検定協会では、1987年より、英語能力テスト・英語教育に関する研究企画を広く募集し、優秀な企画には助成金を交付し支援している。研究報告書の成果は、協会発行の研究報告書等で広く公表する。

 小中高校・高等専門学校で英語教育に携わる教員や英語教育に関わる研究を専攻する大学院に在籍する者を対象に、研究部門・実践部門・調査部門の3部門から募集する。

 研究部門は、英語学習者の英語能力向上に資する基礎・応用研究または英語能力の測定と評価等の研究の報告とする。実践部門は、小中高校の英語教育現場の中で児童・生徒の英語学習を促進させるための効果的な英語指導法等に関する実践の報告とする。調査部門は、小中高校の英語教育をより充実させ、効果的に推進するために必要な調査の報告とする。

 各部門共、企画内容が独創性、有用性に優れているものを基準に選考。入賞は、各部門を合わせて15件以内、助成金は各部門30万円以内で交付する。選考委員は、上智大学教授の和泉伸一氏、日本英語検定協会理事の伊藤寛和氏、清泉女子大学准教授の小泉利恵氏等。

 応募に関する詳細や参考となる過去の報告例・入選テーマは、日本英語検定協会Webサイトに掲載している。

◆第35回「英検」研究助成制度
募集テーマ:研究部門・実践部門・調査部門
募集期間:2022年2月1日(火)~2022年4月30日(土)
第一次選考:2022年5月下旬
第二次選考:2022年6月下旬
最終選考:2022年7月中旬
助成金贈呈式:2022年8月下旬
研究報告書提出:2023年8月下旬
最終報告書集の完成:2024年2月下旬
助成金交付額:各部門30万円以内
入賞対象:全部門で15件以内
対象:
・小学校・中学校・高等学校・高等専門学校で英語教育に携わる教員
・英語教育に関わる研究を専攻する大学院に在籍する者
※ただし、条件によっては応募できない場合があるため、応募資格者詳細を確認すること
《川端珠紀》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top