教育業界ニュース

塾・スクール向け業務システム「スクパス」決済機能の提供開始

 ユアネットは2021年12月9日、学習塾・スクール向け生徒管理・業務システム「スクパス」の決済機能を提供開始した。クレジットカードとWeb口座振替の2種類の決済に対応しており、未回収を防ぎ、効率的で継続的な授業料等の決済をサポートする。

教材・サービス 校務
塾・スクール管理システム「スクパス」
  • 塾・スクール管理システム「スクパス」
  • 「スクパス」特徴
 ユアネットは2021年12月9日、学習塾・スクール向け生徒管理・業務システム「スクパス」の決済機能を提供開始した。クレジットカードとWeb口座振替の2種類の決済に対応しており、未回収を防ぎ、効率的で継続的な授業料等の決済をサポートする。

 スクパスは、業務効率化と保護者とのコミュニケーションアップの両方を実現する学習塾・スクール運営に特化した生徒管理・業務システム。お知らせ、アンケート、入退室、指導報告書、ポイント、体温管理、配信といったコミュニケーションツールと、生徒管理、請求書、成績管理、予約管理、スケジュール等の業務管理機能が利用できる。

 今回、スクパスに新たに決済機能を搭載し、提供を開始した。塾・スクールでは定期的に授業料の未回収が発生しており、保護者への未払い連絡や滞納対応等が先生たちの大きな負担となっているという。既存の管理システムに決済機能を追加することで、現場の作業や心理的負担を軽減し、スクール運営の円滑化をサポートしたいねらい。

 決済機能は、クレジットカード、口座振替決済の2種類を用意。カード・口座情報の登録は保護者のスマホから24時間いつでも可能で、即時完了、利用可能に。アナログの振替依頼書の作成で起きがちな記入ミスや印鑑相違もなく、先生の負担を大幅に削減することが可能になるという。さらに「請求書機能」との連携により、毎月の請求書送付を自動化し、請求、決済、回収業務を簡単にワンストップで実施可能にする。

 決済対象が小学校・中学校・高校・大学・大学院の補習や受験準備の学習等にかかる費用で、対面授業が含まれる場合は、カード決済手数料は業界最安水準の1.9%から利用可能だという。スクパスでは今後もより利便性の高いサービスを提供するべく機能開発を行っており、2022年3月には「座席管理」機能をリリースする予定。
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top