教育業界ニュース

スクール運営を一括管理…業務効率化システム「TERACOYA」

 ビヨンドは2021年5月12日、スクール運営に特化した業務管理システム「TERACOYA(テラコヤ)」のサービス提供を開始した。スクール運営に必要な決済管理や生徒管理、カリキュラムの進捗共有等を一括管理でき、リモート授業にも対応している。

教材・サービス 校務
業務管理システム「TERACOYA」
  • 業務管理システム「TERACOYA」
  • イメージ画像
  • 連携可能サービス一覧
 ビヨンドは2021年5月12日、スクール運営に特化した業務管理システム「TERACOYA(テラコヤ)」のサービス提供を開始した。スクール運営に必要な決済管理や生徒管理、カリキュラムの進捗共有等を一括管理でき、リモート授業にも対応している。

 昨今のコロナ禍において、学習塾をはじめ各種スクールで「オンライン授業」の実施が増えたことにより、現場の情報把握・共有に遅延が発生するといった課題が出ていたという。ビヨンドは、運営する予約システム「EDISONE(エジソン)」の関連サービスとして、すでにスクール運営で事例のある「テラコヤ」を企業ごとにカスタマイズできるよう開発し、新たなサービスとして提供を開始した。

 テラコヤは、会費請求状況、生徒管理、レッスンスケジュール管理、担当講師振り分け、店舗やブースの確保、カリキュラム進捗の情報共有等、スクール運営に必要ないくつもの業務の効率化を図るよう設計されている。通常個別のツール等を用いて管理することの多い業務を一括で管理することで、運営者が把握・管理をワンストップで完結できるようになる。

 学習塾や英会話、プログラミング教室の他、ピアノ、スイミング、ヨガ、フィットネス等、幅広いスクールで利用可能。スクール業務に必要な基本機能を揃えたラインから、それぞれにあわせてシステムを改修することで開発コストを抑えたオリジナルシステムが作成できる。また、LINE等の外部コミュニケーションツールとの連携によりテレワークでも情報共有しやすく、いつでもスタッフ・生徒とのやり取りを可能にする。

 利用料金は初期設置費用5万円~、カスタマイズ費用30万円~。その他、月額費用として、保守費用3万円~、サーバー費用5,000円~の費用が必要となる。申込み、問い合わせはWebサイトで受け付けている。
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top