教育業界ニュース

北海道猿払村、2022年4月に公設塾開校…教育格差解消目指す

 北海道猿払村では、過疎地域の教育機会格差問題を解消することを目指し、ICTを活用した個別指導学習型の公設学習塾「猿払村未来塾」を2022年4月に開校予定。村の小中学生を対象に、都会と変わらない質の高い教育を提供する。

教育行政 その他
「公設塾」開講に向けたクラウドファンディングの募集
  • 「公設塾」開講に向けたクラウドファンディングの募集
  • 猿払村
 北海道猿払村では、過疎地域の教育機会格差問題を解消することを目指し、ICTを活用した個別指導学習型の公設学習塾「猿払村未来塾」を2022年4月に開校予定。村の小中学生を対象に、都会と変わらない質の高い教育を提供する。

 2022年4月に開校予定の「猿払村未来塾」は、ICTを活用した個別指導学習型の公設学習塾。集合形式を基本としつつ、家庭でも指導を受けられる環境を構築し、オンライン自習室やWebによる個別指導により個別最適化された学習環境で、児童生徒の家庭学習を補い、基礎学力の定着と向上を目指す。

 対象は小中学生。人数は40名程度を想定。教科は国語・算数(数学)・英語。1日3教科(1教科20分)を週2回実施する。場所は、2022年建設予定の児童館完成まで猿払村役場会議室を使用する。

 開講に向け、クラウドファンディング募集サイト「ACT NOW」にて支援金の募集を開始。1,500万円を目標金額とし、集まった支援金では授業料や公設塾現場スタッフ給与、教育システム環境設定・導入費用等を賄う予定。
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top