教育業界ニュース

Classi、保護者向け連絡サービスでEDUCOMと連携

 Classiは2021年11月15日、2022年4月リリース予定の公立小中学校保護者向け連絡サービス「tetoru(テトル)」において、EDUCOMと連携することを発表した。

教材・サービス 校務
tetoru
  • tetoru
  • tetoru
 Classiは2021年11月15日、2022年4月リリース予定の公立小中学校保護者向け連絡サービス「tetoru(テトル)」において、EDUCOMと連携することを発表した。

 「tetoru」は、先生の校務の効率化を支援する統合型校務支援システム「EDUCOMマネージャー C4th」を運営するEDUCOMと共同で開発。現在、学校からの連絡配信機能や保護者からの欠席連絡機能等の開発検証を行っており、今後、出欠/成績等の配信や、児童生徒からの学習成果物等の機能の追加を順次検討していく。なお、先行リリース版(β版)は2022年1月から利用可能となる予定。

 2022年夏に、tetoruはC4thとのデータ連携を開始。子供の状態を可視化する機能を保護者連絡サービスに内包することで、保護者と学校の信頼関係を醸成する。また、先生からの情報発信もより容易になり、情報を共有したうえでの先生と保護者のスムーズなコミュニケーションも可能になる。
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top