教育業界ニュース

子供の感染場所、学校等が増加傾向…厚労省

 6~15歳の子供が新型コロナウイルスに感染した場所は、「学校等」が増加傾向にあることが2021年9月16日、厚生労働省の調査結果からわかった。9月に「学校等」で感染した割合は、6~12歳が10.9%(前月比4.3ポイント増)、13~15歳で16.8%(同2.9ポイント増)であった。

教育行政 その他
3~18歳の新型コロナウイルスの感染場所(2021年8月)
  • 3~18歳の新型コロナウイルスの感染場所(2021年8月)
  • 3~18歳の新型コロナウイルスの感染場所(2021年9月1日~13日)
  • 学校種別の集団感染件数・割合の推移
  • 児童施設種別の集団感染件数・割合の推移
  • 集団感染と報道された事案の発生割合の推移(類型別)
 6~15歳の子供が新型コロナウイルスに感染した場所は、「学校等」が増加傾向にあることが2021年9月16日、厚生労働省の調査結果からわかった。9月に「学校等」で感染した割合は、6~12歳が10.9%(前月比4.3ポイント増)、13~15歳で16.8%(同2.9ポイント増)であった。

 医療・公衆衛生分野の専門的・技術的な事項について、厚生労働省に対し必要な助言等を行う「新型コロナウイルス感染症対策アドバイザリーボード」の第52回会合が9月16日に開かれ、厚生労働省が3~18歳の感染場所について調査データを公表した。

 なお、調査は2021年8月1日~9月13日までの発生届ベースのHER-SYS(新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理システム)データを集計したもの。新型コロナウイルス感染陽性者のうちデータ入力のあるものは約21%で、このうち感染場所を特定できたのは約73%(全体の15%)。感染場所の入力率が非常に少ない点には留意が必要だという。

 調査データによると、3~18歳の新型コロナウイルス感染陽性者数は、8月が8万1,823人、9月1日~13日が2万936人。8月と9月は、全年齢で自宅での感染の割合が多く、感染場所を特定できた患者全体の7割以上を占めていた。

 9月に「学校等」で感染した割合は、6~12歳が10.9%、13~15歳が16.8%、16~18歳が21.4%と、年齢が上がるほど増加。8月と比較すると、16~18歳で2.5ポイント減少した一方、6~12歳では4.3ポイント、13~15歳では2.9ポイント上昇した。また、3~5歳では保育所等の「福祉施設(児童)」での感染が増えており、9月は前月比3.8ポイント増の13.6%であった。

 2学期が始まる中で、学校等でのクラスターの発生も懸念されている。同一の場所で2人以上の陽性者が出たと報道された事案の件数のうち、学校等で発生した事案を分析した結果では、直近の9月6日~12日に小学校での発生が急増していた。保育所等の児童施設における集団感染件数・割合は、7月から8月にかけて増えたが、8月から9月にかけて大きな変化はなかった。

 厚生労働省では「2学期が始まって間もない解析のため、引き続き感染動向を注視していく必要がある」と指摘している。
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top