教育業界ニュース

教育機関等対象「AIアカデミック導入」セット割プラン

 ヒューマノーム研究所は2021年7月20日、AI構築ノーコードツール2種をお得に使えるプラン「AIアカデミック導入セット」をアカデミック・研究/教育機関向けキャンペーンとして期間限定で提供すると発表した。9月30日までの申込みで、利用価格が最大58%オフとなる。

教材・サービス 授業
アカデミア・研究/教育機関限定「AIアカデミック導入プラン」
  • アカデミア・研究/教育機関限定「AIアカデミック導入プラン」
  • 使用イメージ
  • Humanome Eyes(イメージ)
  • Humanome CatData(イメージ)
  • ヒューマノーム研究所
 ヒューマノーム研究所は2021年7月20日、AI構築ノーコードツール2種をお得に使えるプラン「AIアカデミック導入セット」をアカデミック・研究/教育機関向けキャンペーンとして期間限定で提供すると発表した。9月30日までの申込みで、利用価格が最大58%オフとなる。

 複数の大学にデータサイエンス学部が誕生し、データサイエンス分野以外でも機械学習/AIを取り入れた研究が始まっている。2022年度からは、高等学校の学習指導要領に「総合的な探究の時間」が新たに登場。中等教育でも、情報処理に関する学習や研究活動を通じ、生徒が主体的に課題設定し、情報収集や分析能力の向上に取り組む時代が到来する。

 ヒューマノーム研究所は、次世代の人材教育を目的にアカデミアと研究/教育機関を対象としたキャンペーンとして、ノーコードツールの便利さを気軽に体験できるセット割プランを提供する。対象ツールは、ヒューマノーム研究所が提供する初心者向けノーコードツールである「Humanome Eyes」と「Humanome CatData」の2種。

 「Humanome Eyes」は、画像・動画を利用する物体検知AI構築ツール。「Humanome CatData」は、表データの可視化からAI構築、結果の共有までかなえるツール。いずれもプログラミングやAIの専門知識を必要とすることなく、アプリやモデル等が開発できる。2種のノーコードツールにより、広範囲な研究・教育用途をサポートする画像・動画データ、表データが利用でき、AI構築と予測も可能になるという。表データは、前処理、可視化、結果の共有にも対応している。

 対象は、官公庁または教育機関。申込期間は9月30日まで。利用期間は、ヒューマノーム研究所の承認日から2022年3月31日まで。利用価格は、最大47万7,000円のところ、最大58.5%オフとなる19万8,000円(税込)。「卒業研究・修士論文のデータ解析にAIを導入したい」「情報科学の専任教官はいないけれどデータ分析やAI構築を始めたい」という希望を手頃な価格でかなえるプランとなっている。

 ヒューマノーム研究所は、ノーコードツールのセット割プラン提供を通じて、研究・教育へのAI導入障壁を下げ、新たな発見を促す環境づくりをお手伝いしたいとしている。

◆アカデミア・研究/教育機関限定「AIアカデミック導入プラン」
対象:官公庁または教育機関
申込期間:2021年7月20日(火)~9月30日(木) 23:59
利用期間:ヒューマノーム研究所承認日~2022年3月31日(木)23:59
対象ツール:Humanome Eyes、Humanome CatData
料金:19万8,000円(税込)
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top