教育業界ニュース

EnglishCentral、EdTech導入補助金の実証自治体・教育機関募集

 オンライン英語学習サイト「EnglishCentral」を提供するイングリッシュセントラルは、「EdTech導入補助金」を活用した実証実験に参加を希望する自治体・教育機関の募集を開始した。対象期間中「EnglishCentral」の学校向けプランを無償で利用できる。

教材・サービス 授業
オンライン英語学習サイト「EnglishCentral」
  • オンライン英語学習サイト「EnglishCentral」
  • 「EdTech 導入補助金」申込みの流れ
 オンライン英語学習サイト「EnglishCentral」を提供するイングリッシュセントラルは、「EdTech導入補助金」を活用した実証実験に参加を希望する自治体・教育機関の募集を開始した。対象期間中「EnglishCentral」の学校向けプランを無償で利用できる。

 経済産業省の「EdTech導入補助金」は、EdTech事業者による学校等教育機関における導入実証を支援することが目的。2020年度より行われている。

 イングリッシュセントラルは初年度から参加しており、単独申請として参加した参加校のうち60%が2021年度に有償での継続採用を行ったという。採用率が高い理由には、実証実験において週1時間以上「EnglishCentral」を利用した学習者の94%が英語力の向上を実感するという高い学習効果を得ることができたことがあげられる。また、半数以上の学習者が「進んで主体的な学習を行うことができた」と回答しており、授業内での利用だけでなく主体的な自宅学習も引き出すことができたことも大きな要因だという。

 2021年度も、CEFRのプレA1からC2まで学習者のレベル別に取り組めるリスニング演習、脳科学にしたがって設計された単語学習や単語テストの自動生成、世界最大規模の日本人英語学習者発音音声から自社開発されたAI音声認識による回数無制限の発音へのフィードバックの3つの機能が利用できる「アカデミックプレミアム」プランと、動画学習に加えて学習ポイントが貯まるとオンライン英会話レッスンGoLive!も受講できる「プレミアム」プランを提供する。

 どちらのプランでも、児童生徒の学習の取組みを確認したり題材を勧めたりすることのできる教員向けツールと、各学校にあわせた利用方法の提案サービスを利用できる。

 対象は、自治体や学校等教育機関(小学校、中学校、高校、教育支援センター、一定の基準を満たすフリースクール他)。申込みはWebサイトにて受け付けている。申込締切は6月11日。なお、申込状況によっては早めに締め切る場合もある。

◆イングリッシュセントラル2021年度「EdTech導入補助金」募集
対象:自治体・学校等教育機関(小学校、中学校、高校、教育支援センター、一定の基準を満たすフリースクール他)
申込締切:2021年6月11日(金)
申込方法:Webサイトにて受け付けている
《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top