教育業界ニュース

NTT西・東・DNP、電子教科書や教材配信サービスの協業体制を強化

 NTT西日本、NTT東日本、大日本印刷(DNP)の3社は2021年5月10日、大学等高等教育機関向け電子教科書・教材配信サービスの普及・拡大に向けて、連携を強化することを公表した。

教材・サービス 授業
NTT西日本、NTT東日本、大日本印刷が協業体制を強化
  • NTT西日本、NTT東日本、大日本印刷が協業体制を強化
 NTT西日本、NTT東日本、大日本印刷(DNP)の3社は2021年5月10日、大学等高等教育機関向け電子教科書・教材配信サービスの普及・拡大に向けて、連携を強化することを公表した。

 NTT西日本と大日本印刷はこれまで、大学における教育のデジタル化に向けて協業を進めてきた。2020年6月には先行実証を行っている京都先端科学大学と武庫川女子大学において、共同で教育ICTプラットフォームの構築をするとともに、マルチデバイスに対応した教科書・教材の提供や、学修時間・学修行動の把握等の学修管理サービスを提供。

 これらの取り組みを通じ、ICTを活用した教育のデジタル化におけるノウハウを蓄積するとともに、多くの大学等の教育機関や、教科書・教材の提供を行う多数の出版社からも事業賛同の要望があった。今回、高等教育機関向け電子教科書・教材配信サービスを始めとする教育ICTプラットフォームの全国への本格展開を目的として、東日本エリアを担当するNTT東日本が新たに参画し、協業体制をさらに強固とすることで合意した。

 各社のおもな役割として、NTT西日本と東日本は、学術情報ネットワークと接続した高セキュアかつ低遅延なクラウド基盤(地域創生クラウド)、大学へのシステムインテグレーション導入、大学への営業(NTT西日本エリア・NTT東日本エリア)、オリジナル教材のリッチコンテンツ化支援、プレセールス大学との学修データ活用の実証実験等。学術情報ネットワークとは、日本全国の大学、研究機関等の学術情報基盤として、国立情報学研究所が構築、運用している情報通信ネットワークのこと。

 大日本印刷については、電子教科書・教材の配信システム構築、出版社に向けた教員への電子教科書・教材販売促進支援、書店に向けた大学への提案支援、電子教科書の取次サービス、教科書の電子化支援、教員オリジナルの教材開発支援、教員・学生に向けたサービス利用支援となっている。

 今後は、電子教科書・教材配信事業において3社共同でのサービス提供体制を整備するとともに、大学のニーズを汲み取り開発・改善に繋げることで、教育の質向上に資するサービスの実現に取り組んでいく。また、電子教科書・教材配信事業の他に、出版社向けに教科書の電子化を促進するためのオンライン教科書・教材選定サービス並びに取次・流通支援事業の提供準備を進めるとともに、教員独自の教材を電子化するためのオリジナル教材開発・支援事業の実証的な取り組みを開始する。
《田中志実》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top