教育業界ニュース

中高対象、SDGsの理解を行動に変える動画教材発売

 デジタルハリウッドアカデミー、JTB、JTB総合研究所は2020年11月9日、共同開発した中学校・高校向け動画教材「SDGs School」の販売を開始した。SDGsの理解を深め行動に変えることを目的とした教材で、SDGsを学ぶ生徒と学びを導く先生をサポートする。

教材・サービス 授業
SDGs School
  • SDGs School
  • 動画教材イメージ
  • 動画教材に登場するキャラクター「星野りある」
  • 動画教材に登場するキャラクター「WoWキツネザル」
 デジタルハリウッドアカデミー、JTB、JTB総合研究所は2020年11月9日、共同開発した中学校・高校向け動画教材「SDGs School」の販売を開始した。SDGsの理解を深め行動に変えることを目的とした教材で、SDGsを学ぶ生徒と学びを導く先生をサポートする。

 2019年度より本格的に導入されている「探究学習」の題材として、SDGsの理解についての学びを導入する学校が増えている。「SDGs School」は、「総合的な探究の時間」においてSDGsの理解を掲げる中学校・高校に対して、楽しくSDGsを学びながら、自分ゴト化していく機会を提供することを目的に制作した教材。

 1回50分の「総合的な学習の時間」で完結する講義が14回分セットになっており、動画教材と教員マニュアル、ワークシートで構成されている。動画教材では、現在、世界中で起こっている地球規模の課題や、身近な出来事からSDGsを考える契機となる内容を、SDGsの17のゴールにそれぞれ対応した形で作成。たとえば、講義2「人は貧しくなったら暴力的になる!?」は、SDGsのゴール1「貧困をなくそう」、ゴール16「平和と公正をすべての人に」に対応。講義4「知識は格差を埋める!?」は、ゴール4「質の高い教育をみんなに」、ゴール5「ジェンダー平等を実現しよう」に対応している。

 動画には、SDGsについてまったく知らない高校3年生「星野りある」と、星野りあるのスマホから突然現れたSDGsの伝道師「WoWキツネザル」が登場。軽快なトークとクイズなどを交えながら、2030年の世界を救うべく、いま起こっている危機を分かりやすく解説する。さらに、ワークシートなどを使ったグループワークを通じて理解を深め、自分ゴトとしてどう行動に移していくか考えるきっかけを提供する。

 初期導入費用は無料。アカウント費用は、生徒1人あたり1年間1,000円(税別)。JTB教育事業ソリューションセンターSDGs School事務局が窓口となっており、問合せはWebサイトのフォームで受け付けている。

◆「SDGs School」講義内容
講義1【導入】2020マジヤバい!
講義2【社会】人は貧しくなったら暴力的になる!?
講義3【社会】おなかいっぱいは健康のはじまり
講義4【社会】知識は格差を埋める!?
講義5【環境】きれいな水は当たり前!?
講義6【社会】エネルギーはどこからやってくる?
講義7【経済】人間らしく働きたい!
講義8【経済】NOインフラ=NO産業発展!
講義9【経済】不平等が止まらない!?
講義10【社会】私のまちはどうなるの?
講義11【社会】大量生産は問題も大量!?
講義12【環境】気候が変わるか私が変わるか
講義13【環境】自然を守るが自分を守る?
講義14【まとめ】あなたが必要なんだ!
《畑山望》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top