教育業界ニュース

セイコー辞書アプリWeb版、小中高校向けサービス2021年春開始

 セイコーソリューションズは、統合電子辞書「セイコー辞書アプリ」にWeb版を追加。学習用端末1人1台化に対応するため、新たに小学校、中学校、高校向けのサービスを2021年春より提供する。Chromebookやタブレット端末、PC、携帯(iPhone、Android機器)で利用できる。

教材・サービス 授業
「セイコー辞書アプリ」Web版
  • 「セイコー辞書アプリ」Web版
  • おもな仕様
 セイコーソリューションズは、統合電子辞書「セイコー辞書アプリ」にWeb版を追加。学習用端末1人1台化に対応するため、新たに小学校、中学校、高校向けのサービスを2021年春より提供する。Chromebookやタブレット端末、PC、携帯(iPhone、Android機器)で利用できる。

 GIGAスクール構想により、多くの小学校、中学校に学習用端末が配備され、児童生徒に1人1台の学習環境が整うことになる。校内のWi-Fi環境が整備され、ネットワークを利用した教育が始まろうとしている。また、高校での学習用端末の導入が急速に進み、BYOD(スマートフォンなど個人所有端末の学校での学習活用)が認められるなど、義務教育とは違った1人1台が実現されている。

 セイコー辞書アプリは、2016年4月の提供開始以来、多くの高校、中高一貫校で採用されている。学校が望むコンテンツを順次追加し、学習を支援する機能が充実している。新たに発売するWeb版でも、機能の豊富さ、操作性、定評あるコンテンツの収録実績を継承。さらに、Web版ならではの機能を実装し、小学校、中学校、高校の生徒を対象にサービスを開始する。

 収録した辞書を横断的に検索する一括検索機能など多彩な検索方法のほか、単語帳などの学習支援機能も搭載。Web版では学習用端末に制限はなく同時に3端末で利用できる。学校での学習用端末や個人のスマートフォン、自宅のPCなどで利用できるため、児童生徒の学習を強力に支援する。

 Web版のサービス開始は2021年3月中旬。価格については、セイコーソリューションズで問合せを受け付ける。

◆「セイコー辞書アプリ」Web版
サービス開始時期:2021年3月中旬
価格:セイコーソリューションズで問合せを受け付ける
対象:小学生、中学生、高校生向けサービス
対応ブラウザー:Safari、Chrome
対応機器:Chromebook、タブレット端末、PC、携帯(iPhone、Android機器)
《外岡紘代》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top