教育業界ニュース

幼小中の理科教育を支援表彰「ソニー教育実践論文」募集

 ソニー教育財団は2020年9月上旬まで、全国の小学校・中学校、幼稚園・保育所・認定こども園を対象に「教育・保育の実践と今後の計画」をまとめた論文を募集している。より良い教育・保育の実践に取り組む学校・園には教育助成金とソニー製品の教育教材が贈られる。

事例 その他
 ソニー教育財団は2020年9月上旬まで、全国の小学校・中学校、幼稚園・保育所・認定こども園を対象に「教育・保育の実践と今後の計画」をまとめた教育・保育実践論文を募集している。より良い教育・保育の実践に取り組む学校・園には教育助成金とソニー製品の教育教材が贈られる。

 ソニーの創業者である井深大氏は、日本の発展のためには子どもたちの理科教育が重要だと考え、1959年に「ソニー理科教育振興資金」の贈呈を開始。それ以来60年以上の長きにわたり数多くの教育・保育の現場を支援している。教育助成論文のこれまでの応募総数は累計1万4,000件を超え、2019年度は324件の応募論文の中から159校・園が入賞し支援を受けている。

 2020年度は、小・中学校を対象に「科学が好きな子どもを育てる」をテーマとした教育実践論文を、幼稚園・保育所・認定こども園を対象に「科学する心を育てる」をテーマとした保育実践論文を募集する。小・中学校は「ソニー子ども科学教育プログラム」として、幼稚園・保育所・認定こども園は「ソニー幼児教育支援プログラム」として実施。子どもたちの「なぜ」「どうして」を大切にし、「感性」「創造性」「主体性」「多様性」を育むことに情熱を持って取り組む学校・園の実践例と今後の計画についてまとめた論文を広く募集する。

 応募論文の中から、最優秀校には300万円の教育助成金と教育教材を、最優秀園には200万円の教育助成金と教育教材を贈呈。そのほか、優秀校・園、奨励校・園などを選定し多くの学校・園へ教育助成金、教育教材を贈呈することで支援を行う。

 応募締切は、小・中学校が9月1日、幼稚園・保育所・認定こども園が9月8日。郵送およびWebサイトで受け付け、郵送の場合は当日消印有効。入選校・園は、2021年1月中旬にソニー教育財団のWebサイトにて発表する。論文作成規定や必須項目など、詳細はWebサイトで確認できる。

◆ソニー子ども科学教育プログラム「教育実践論文」
対象:小学校、中学校
主題:「科学が好きな子どもを育てる」
募集期間:2020年8月3日(月)~9月1日(火)当日消印有効
助成内容:最優秀校300万円、優秀校50万円、奨励校10万円の教育助成金とソニー製品の教育教材
入選発表:2021年1月中旬にソニー教育財団Webサイトで発表

◆ソニー幼児教育支援プログラム「保育実践論文」
対象:幼稚園、保育所、認定こども園
主題:「科学する心を育てる」~豊かな感性と創造性の芽生えを育む~
募集期間:2020年8月11日(火)~9月8日(火)当日消印有効
助成内容:最優秀園200万円、優秀園30万円、優良園10万円、奨励園5万円の教育助成金とソニー製品の教育教材
入選発表:2021年1月中旬にソニー教育財団Webサイトで発表
《畑山望》

編集部おすすめの記事

特集

page top