教育業界ニュース

オンライン授業をサポート、書画カメラ+Zoomパッケージ発売

 エルモ社は2020年5月11日、学校・教育機関に向けた、学びを止めないオンライン授業づくりを進めるパッケージツール「書画カメラ(実物投影機)+Zoomパッケージ」の申込受付を開始した。

教材・サービス 授業
書画カメラ(実物投影機)+Zoomパッケージ
  • 書画カメラ(実物投影機)+Zoomパッケージ
  • Hot Edu Up
  • MX-P2
  • L-12F
  • 「書画カメラ(実物投影機)+Zoomパッケージ」を活用したオンライン授業イメージ
  • 接続例
 エルモ社は2020年5月11日、学校・教育機関に向けた、学びを止めないオンライン授業づくりを進めるパッケージツール「書画カメラ(実物投影機)+Zoomパッケージ」の申込受付を開始した。

 「書画カメラ(実物投影機)+Zoomパッケージ」は、手元フリーで授業を進められる書画カメラ1台に、Web会議システム「Zoom」を利用するためのライセンス1年分をセットにした、学びを止めないオンライン授業づくりを進めるパッケージツール。操作方法を助ける活用安心サポート(周辺機器(カメラ、マイク)の設定や操作方法に限る)、エルモ社からの遠隔教育方法の研修(1回2時間程度)、さらに実物投影機活用事例集「Hot Edu Up」も盛り込み、オンライン授業実施からアフターに至るまでをサポートする。

 書画カメラは「L-12F」と「MX-P2」の2種類から選べ、オンライン授業以外でも活用できる。いずれもHDMI/RGB出力端子搭載のため電子黒板やモニター、プロジェクターに直接接続可能。

 「MX-P2」は、内蔵マイクが搭載されており、カメラヘッドが自在に動かせるため手元のほか、黒板や教科書の実物なども見せたい角度で見せることが可能。カメラ底面にはマグネットが搭載されているため、黒板に貼り付けるなど撮影位置の自由度が高い。デジタル16倍ズーム搭載で、軽量・小型・レイアウトフリー仕様だ。

 「L-12F」は、片手で楽に操作できるアームとカメラヘッド、ワンプッシュズームフォーカスはオンライン授業で教科書やノートなど手元を見せるときも便利に利用できる。光学12倍ズーム×センサーズーム2倍×デジタルズーム12倍で、細部のリアルな質感も表現する。USB接続時、内蔵マイク機能は使えないため別途マイクが必要。

 Zoomはライセンス契約をするため、40分以上配信可能。100名まで参加可能で、子どもたち全員で双方向の遠隔学習に取り組むことができる。オンライン授業のようすはレコーディングすることができ、録画したデータを学習コンテンツとして活用することもできる。

 価格はオープン価格。申込みはパッケージ5セットから。
《桑田あや》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top