教育業界ニュース

日本女子大、ENZと「教育協力に関する協定」締結

 日本女子大学は、ENZと「教育協力に関する協定」を締結し、2022年4月22日にニュージーランド大使館にて調印式を執り行った。調印式には来日中のニュージーランド首相、ジャシンダ・アーダーン首相や、ニュージーランド留学経験のある学生ら11名が参加した。

教育行政 その他
「教育協力に関する協定」の調印式に出席した日本女子大学とENZの関係者(中央がジャシンダ・アーダーン首相)
  • 「教育協力に関する協定」の調印式に出席した日本女子大学とENZの関係者(中央がジャシンダ・アーダーン首相)
  • 「教育協力に関する協定」の調印式に出席した日本女子大学とENZの関係者(中央がジャシンダ・アーダーン首相)
 日本女子大学は、エデュケーション・ニュージーランド(ENZ)と「教育協力に関する協定」を締結し、2022年4月22日にニュージーランド大使館にて調印式を執り行った。調印式には来日中のニュージーランド首相、ジャシンダ・アーダーン首相や、ニュージーランド留学経験のある学生ら11名が参加した。

 ENZは、ニュージーランド政府の掲げる国際教育戦略に基づき、国際教育や教育交流がニュージーランド社会にもたらす社会・文化・経済面価値を創造する役割を担う独立政府機関。

 1893年に世界で初めて国として女性参政権を実現し、アーダーン首相を代表とする女性リーダーが活躍するニュージーランドと、日本で最初の組織的な女子高等教育機関として創立以来120年にわたり女性のエンパワーメントに貢献してきた日本女子大学は、SDGs目標5の「ジェンダー平等を実現しよう」を共に目指すことを目標に、交流による相互理解の促進、新しい学習機会の提供を目指し「教育協力に関する協定」を締結した。

 ニュージーランドは小学校から情報通信技術を活用したICT教育に積極的に取り組み、英国エコノミスト誌調査部門が発表する「未来教育指数」2019年版において、英語圏で1位にランクされている。留学生を受け入れるニュージーランドの中学・高校は、英語が第一言語ではない留学生に充実した英語教育を提供しており、STEAM教育や外国語を一貫教育の中で重視している日本女子大学は、今回の協定をもとにENZを通して今後さまざまな連携を行っていく予定だとしている。

 協定には、日本女子大学の他、附属の豊明幼稚園、豊明小学校、中学校、高等学校が含まれ、学園全体として国際化教育をさらに推進していくために、多くの園児・児童・生徒・学生や教職員がニュージーランドとつながり、学びを深める機会を提供する。

 今後は、大学や附属校におけるニュージーランドへの短期・長期留学、海外研修の促進、ニュージーランドの大学との学生交流協定締結、ニュージーランドの大学への入学推薦枠獲得、教員によるニュージーランドの教育現場視察といった派遣関連の取組みや、ニュージーランドの生徒学生の短期・長期の留学受入れ、附属校とニュージーランドの学校とのWeb会議システムを使ったオンライン交流、ニュージーランド政府推奨デジタル教育のプログラミング授業実施等が行われる予定だという。
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top