教育業界ニュース

IIJ、GIGAスクールソリューション提供開始

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は2022年3月28日、GIGAスクール構想において、最適なネットワーク環境の構築・運用を支援する「IIJ GIGAスクールソリューション」を、全国の自治体や教育委員会向けに提供開始した。

教材・サービス 授業
IIJ GIGAスクールソリューションの提供イメージ
  • IIJ GIGAスクールソリューションの提供イメージ
  • IIJ GIGAスクールソリューション
 インターネットイニシアティブ(IIJ)は2022年3月28日、GIGAスクール構想において、最適なネットワーク環境の構築・運用を支援する「IIJ GIGAスクールソリューション」を、全国の自治体や教育委員会向けに提供開始した。「ネットが遅い、つながらない」という問題を解決する。

 全国の児童生徒に1人1台の端末と高速ネットワーク環境を整備する文部科学省の「GIGAスクール構想」が2020年4月より本格的に開始した。2021年4月末時点で、義務教育課程の学校の約98%が端末配備と学内ネットワークの整備を完了しており、児童生徒ひとりひとりが学習用端末を本格利用する段階に入った。

 しかし、学内ネットワークが高速化しても、動画視聴や遠隔授業等により、インターネット回線が混雑し、オンライン授業に支障が出るケースが報告されている。

 IIJは、これらの問題を解決し、高品質で安定した通信環境を実現するため、今回「IIJ GIGAスクールソリューション」の提供を開始する。価格は、個別見積り。

 IIJ GIGAスクールソリューションは、GIGAスクール環境でのインターネット利活用における課題の抽出、ネット利用状況の可視化とボトルネック解消のためのコンサルティング、安定した通信環境の構築や一元的なセキュリティ運用管理等をワンストップで提供する。これにより、将来にわたって児童生徒や教職員が快適にインターネットを利用できる環境を実現する。
《工藤めぐみ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top