教育業界ニュース

プログラミングとは【教育業界 最新用語集】

 「教育業界 最新用語集」では、教育業界で使われているICT用語や受験用語、省庁が進める取組み等を、おもに教育関係者向けに解説する。記事を読んでいるときや、普段の業務でわからない用語があったときに役立てていただきたい。

教材・サービス その他
画像はイメージ
  • 画像はイメージ
 「教育業界 最新用語集」では、教育業界で使われているICT用語や受験用語、省庁が進める取組み等を、おもに教育関係者向けに解説する。記事を読んでいるときや、普段の業務でわからない用語があったときに役立てていただきたい。

プログラミングとは


読み


 プログラミング

表記


 Programming、類語:コーディング

分類


 ソフトウェア/技術/制度/一般常識

ひとことで言うと


 「プログラムを作ること。2020年以降順次、小中高で必修化されている」

解説


 「プログラミング」は、文字どおりプログラムを作ることだ。パソコンを使ったプログラミングは、通常「C」「Visual Basic」「Java」「JavaScript」「Python」などの「プログラミング言語」を使い、英語のようなテキストを記述し、プログラムを作成する。完成したプログラムは「ソフトウェア」として、ハードウェア上で動作させることができる。

 画面上でパーツなどを動かし、それらをブロック玩具のように組み合わせて、プログラムを作る「ビジュアル プログラミング」も、低年齢層向けのICT教育用途で普及しつつある。

 もともとの「プログラム」(Program)=「式次第」の意味のとおり、プログラムは、ソフトウェアの動作の順番を、記述したものだ。基本的な動作は順番に実行されるが、さまざまな条件により分岐や繰返しを行う。この分岐や繰返しの内容を、論理的に組み上げた構造が「アルゴリズム」だ。アルゴリズムが間違っていれば、プログラムは正常に動作せず、いわゆる「バグ」(間違った個所)を抱えたソフトウェアになってしまう。

 プログラミングを学習することは、論理的な考え方を身に付けるとともに、ICTへの理解を深めるとして、近年特に注目を集めている。文部科学省では、「プログラミング教育実践ガイド」などの事例集を配布。一方、政府は、2016年5月に発表した「日本再興戦略2016」資料において、「2020年度以降、小・中・高でのプログラミング教育を必修化する」と言及し、2020年度に小学校、2021年度に中学校、2022年度に高校でプログラミング教育が必修化された。

関連用語


 ビジュアルプログラミング、STEM

最終更新日:2016年6月8日(リセマム「教育ICT用語」より転載)
《冨岡晶》
冨岡晶

冨岡晶

フリーの編集者/ライター/リサーチャー。芸能からセキュリティまで幅広く担当。

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

【注目の記事】

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top