教育業界ニュース

インテル、STEAM Lab実証研究校を募集

 ダイワボウ情報システム(DIS)は2021年10月22日、学校/教育機関向けSTEAM教育環境の導入推進・支援活動を強化すると発表した。インテルはSTEAM Labの実証研究校を募集する。

教材・サービス 授業
STEAM Lab実証研究校募集
  • STEAM Lab実証研究校募集
  • STEAM Lab提供機材の例
 ダイワボウ情報システム(DIS)は2021年10月22日、学校/教育機関向けSTEAM教育環境の導入推進・支援活動を強化すると発表した。また、インテルはSTEAM Labの実証研究校を募集する。

 数学、科学、技術、モノづくりや芸術の領域等を重視し、文理を横断した「STEAM教育」では、環境支援と活用支援が重要となる。具体的には、STEAM Lab環境(創造的教育の場として、ハイパフォーマンスPCや3Dプリンター等の周辺機器、デジタルコンテンツ制作アプリケーション等を設置した教室環境)や、その活用のための授業カリキュラム、教員研修等の支援等があげられる。

 DISは、インテルが推進する学校/教育機関向けSTEAM Labプラットフォームの実証研究に協力し、研究実証校への導入や支援を行う。また、全国のパートナー企業との連携により、学校/教育機関へ新しい学習環境のあり方や導入に向けた支援に取り組む。

 一方、インテルは、STEAM教育推進に賛同する協力パートナーとともに「STEAM Labプラットフォーム」の実証研究校を全国の小中高、大学および教育委員会から募集する。提供機材は、PC、モニター、その他オプション。募集校数は5校程度を予定。応募締切りは11月25日。貸出期間は2022年4月~2024年3月。

 DISは、インテルが実施するSTEAM Labの実証研究に協力し、実証研究を通してパターンごとの最適な機器やアプリケーション環境の確立を行う。また、PBL学習(問題解決型学習)に向けた研修等、活用の支援と導入促進に向けた提言活動を実施する。

◆STEAM Lab実証研究校の募集
募集締切:2021年11月25日(木)
応募対象:全国都道府県区市町村教育委員会およびすべての小学校・中学校・高等学校・大学(教職課程)
貸出期間:2022年4月~2024年3月
提供機材:PC、モニター、その他オプション等
募集校数:5校程を予定、多数応募があった場合は選考
応募条件:提供するSTEAM Lab環境を利活用した教科や教科横断型学習ならびに「総合的な学習(探究)の時間」の授業実践ならびに授業カリキュラム開発を実践できる学校
《工藤めぐみ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top