教育業界ニュース

東京都、公立学校スクールカウンセラー1,500人募集

 東京都教育委員会は2021年10月1日、令和4年度(2022年度)東京都公立学校スクールカウンセラーの募集受付を開始した。任用期間は2022年4月1日から2023年3月31日まで。任用予定者数は1,500人程度。10月15日(消印有効)まで郵送で申込書の提出を受け付ける。

教育行政 教育委員会
2022年度東京都公立学校スクールカウンセラーの募集案内(一部)
  • 2022年度東京都公立学校スクールカウンセラーの募集案内(一部)
  • 応募資格
 東京都教育委員会は2021年10月1日、令和4年度(2022年度)東京都公立学校スクールカウンセラーの募集受付を開始した。任用期間は2022年4月1日から2023年3月31日まで。任用予定者数は1,500人程度。10月15日(消印有効)まで郵送で申込書の提出を受け付ける。

 東京都公立学校スクールカウンセラーとは、児童・生徒や保護者、教職員に対し、専門的な知識・経験に基づいて適切に相談に応じることができる者。東京都では10月1日から15日まで、2022年度東京都公立学校スクールカウンセラー(東京都公立学校会計年度任用職員)を募集している。

 応募資格は、公認心理師や臨床心理士、精神科医等の要件を満たし、東京都公立学校スクールカウンセラターとしての役割を理解し、その職務を遂行する熱意のある者。報酬は日額4万4,000円を予定。一定の要件を満たす場合、期末手当を支給。報酬とは別に通勤費を支給する(日額上限2,600円)。

 任用期間は2022年4月1日から2023年3月31日まで。任用予定者数は1,500人程度。申込書は、新規応募者と再度任用の2種類あり、東京都教育委員会Webサイトからダウンロードできる。スクールカウンセラー選考業務は、2021年度から東京学校支援機構に委託しており、申込書は同機構へ郵送で提出する。直接持参での提出は受け付けない。

 応募資格や勤務条件、業務内容、応募方法等の詳細は、2022年度東京都公立学校スクールカウンセラー選考実施要項から確認できる。

◆2022年度東京都公立学校スクールカウンセラーの募集案内(2021年度実施)
募集職種:東京都公立学校スクールカウンセラー(東京都公立学校会計年度任用職員)
任用予定者数:1,500人程度
任用期間:2022年4月1日(金)~2023年3月31日(金)
提出期間:2021年10月1日(金)~15日(金)消印有効
提出方法:東京学校支援機構 第一事業部人材支援課 会計年度任用職員選考担当宛てに郵送で提出する
※直接持参の申込書の提出は受け付けない
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top