教育業界ニュース

Pythonプログラミング学習サービス「Laibra」学校向け

 J&C流通コンサルティングは、オンラインプログラミング学習サービス「Laibra」の学校向け導入を開始。現在、和歌山県立桐蔭高等学校科学部・和歌山県立桐蔭中学校科学部が導入第一号として利用中。

ICT機器 授業
Laibra
  • Laibra
  • Laibraを使った学習風景
  • Laibraとは?
  • Laibraで学べること
 J&C流通コンサルティングは、オンラインプログラミング学習サービス「Laibra」の学校向け導入を開始。現在、和歌山県立桐蔭高等学校科学部・和歌山県立桐蔭中学校科学部が導入第一号として利用中。

 「Laibra」は、8種類のコース、270以上のレッスンが用意され、プログラミング言語である「Python」の基礎から機械学習・ディープラーニング等の分野まで学べるオンラインプログラミング学習サービス。実際にブラウザ上でコードを書きながら学習できることが特徴で、実践的に学習を進められる。パソコンとネット環境があれば、会員登録後、すぐに学習を開始でき、各自好きな時に好きな場所で学習できるところも特徴。

 同サービスは利用目的に応じて選ぶことができる。お試し感覚で学習を始めることができ、「Python1」コース全レッスンおよびその他コース最初の3レッスンが無料で受講可能な「Freeプラン」と、Pythonを使いこなせるようになりたい、本格的な学習をしたい人は有料の「Basicプラン」の2種類。

◆Laibra
発売日:2021年5月20日(木)
価格(月当たり):
Freeプラン…0円
Basicプラン…3,278円(税込)※利用人数1人あたり
※学校等教育機関の場合は割引が適用され、Basicプランを1年あたり3,278円(税込)で利用可能
販売場所:Laibra、Laibra for Biz公式サイト
《高垣愛》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top