教育業界ニュース

遠隔授業で学生配慮、課外活動は対策徹底…文科省通知

 文部科学省は2021年8月25日、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」が変更されたことを受けて、大学等の学校設置者に変更内容を通知した。遠隔授業を活用する際の学生への丁寧な説明、部活動等の課外活動を介した感染拡大防止の徹底等を求めている。

教育行政 文部科学省
画像はイメージ
  • 画像はイメージ
  • 文部科学省
 文部科学省は2021年8月25日、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」が変更されたことを受けて、大学等の学校設置者に変更内容を通知した。遠隔授業を活用する際の学生への丁寧な説明、部活動等の課外活動を介した感染拡大防止の徹底等を求めている。

 政府は、緊急事態宣言の対象区域に北海道・宮城県・岐阜県・愛知県・三重県・滋賀県・岡山県・広島県、まん延防止等重点措置の対象区域に高知県・佐賀県・長崎県・宮崎県を追加した。実施期間は8月27日から9月12日まで。緊急事態宣言にともない、北海道・宮城県・岐阜県・愛知県・三重県・滋賀県・岡山県・広島県は、重点措置区域から除外する。

 この決定にともない、「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」が変更されたことから、文部科学省は8月25日、大学や高等専門学校、専修学校等の設置者に向けて基本的対処方針の変更について通知を出した。引き続き、感染対策の徹底と学生の学修機会の確保を両立する工夫等をお願いしている。

 緊急事態宣言やまん延防止等重点措置の対象区域で、自治体の要請等を踏まえて遠隔授業を実施する場合には、大学等の考え方や、措置が終了した後の授業の実施方針等について学生に丁寧に説明する等、学生に寄り添った対応を講じるとともに、学生が孤立・孤独に陥ることのないよう十分配慮するよう求めている。

 また、部活動等の課外活動を介した複数人の感染事案が依然として多数発生していることから、地域の感染状況によっては、学生同士が組み合うことが主体となる活動や身体接触をともなう活動、大きな発声や激しい呼気をともなう活動等の感染リスクの高い活動、合宿・他校との練習試合等を一時的に制限すること等を含めて、感染拡大の防止に一層取り組むようあらためて要請。部活動終了後の飲食を避けること、更衣室・移動中等における感染症対策に十分注意すること等、感染防止の留意点に関して学生ひとりひとりに確実に伝わるような形での注意喚起を行ってほしいとした。
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top