教育業界ニュース

【クレーム対応Q&A】県外へ旅行する家庭に警告を

 今回は、今後も増えていくと思われる新型コロナウイルスの感染に関係し、「家族で旅行などに行っていることを注意してほしい」ということをテーマにします。

事例 その他
画像はイメージ
  • 画像はイメージ
 学校に寄せられるさまざまなクレーム。保護者や地域からのクレームに先生はどのように対応するのが良いだろうか?クラス担任として豊富な経験がある鈴木邦明氏に、学校へ寄せられるさまざまなクレームに対応する際のポイントを聞いた。第32回は「緊急事態宣言下なのに、子供の友人一家が県外に旅行していた。注意すべきではないか」

コロナ禍の学校生活


 2021年4月23日現在、大阪府や東京都などに緊急事態宣言が発出されることに際し、学校をどのような形にしていくのかということが議論されています。今回は、今後も増えていくと思われる新型コロナウイルスの感染に関係し、「家族で旅行などに行っていることを注意してほしい」ということをテーマにします。

 今回の新型コロナウイルスに関しては、これまでの日本の学校が経験してきたことのない状況となっています。2020年2月の一斉休校、その後の学校の再開、感染予防をしながらの学校生活など、コロナ以前の学校とは明らかに違うものと言えるでしょう。

 学校においては、給食で食べる席の形を変えたうえで黙って食べたり、体育で身体接触の少なくなるやり方で取り組んだり、消毒の回数を増やしたりとさまざまな対応をしながら、感染予防に努めています。それでも、完全に防ぐことができている訳ではなく、イギリス由来の変異型の流行と共に、学校や園でのクラスターに関するニュースを耳にする機会が増えてきています。

 今回の新型コロナウイルスへの対応において難しいことが、家庭が大きく関係しているということです。仕事場や飲食店などで親が感染し、それを家庭内で子供に感染させてしまうということがあります。また、家族で旅行などに行き、それが原因で感染するというケースも考えられます。

学校が各家庭の行動を注意するのは難しい


 そういった学校外での各家庭の行動に関し、学校はどこまで関わっていくのかという問題は難しい所です。たとえば、都道府県の境を越えるような外出は控えるようにそれぞれの自治体から要請が出ていたとします。それを守ることできていない家庭があったとしても、学校が直接「注意」することは難しいでしょう。学校にはそういったことをする権限はありませんし、そうすることによって学校と家庭(保護者)の関係が良くないものになってしまう可能性があります。「何で、私達だけ注意をされないといけないの」のような反論が出てくることが考えられます。

 現状において親に対して学校ができることとしては、プリントやメール、学校Webサイトなどにおいて、コロナに関する情報を伝え、注意喚起を行っていくことになります。これはその地域の感染の状況などによっても違ってくるものなので、それぞれの自治体の担当者などと連携しながら取り組んでいくこととなるでしょう。

子供を通じて家庭に情報を伝達する


 親に対してはできることに限界はあるのですが、子供に対してはできることがたくさんあります。学校の活動の中で、コロナウイルスに関する正しい知識を伝え、望ましい行動についての理解を深めることなどです。そういったことに取り組んでいくことで、家庭において「旅行に行こう」という話になった時に、子供が「今の時期はやめたほうがいいのでは…」という言葉が出るかもしれません。子供を仲介役として、家庭に情報を伝達していくイメージです。学校としてできることに取り組み、感染の広がりを抑えるにつなげることができればと思います。

 本企画では、読者の皆さまからの質問を受け付けています。下記のボタンをクリックして表示されるフォームより送信ください。実際に学校へ寄せられたクレームのほか、保護者が学校へ伝えたクレーム等、鈴木先生に対応方法を聞いてみたいクレーム事例を募集します。

質問をする
鈴木 邦明(すずき くにあき)
平成7年 東京学芸大学教育学部 小学校教員養成課程理科専修卒業。平成29年 放送大学大学院文化科学研究科生活健康科学プログラム修了。神奈川県横浜市、埼玉県深谷市で計22年、小学校教諭として勤務。現場教員として子どもたちの指導に従事する傍ら、幼保小連携や実践教育をテーマとする研究論文を多数発表している。こども環境学会、日本子ども学会など、多くの活動にも関わる。平成29年4月からは小田原短期大学特任講師、平成30年4月からは帝京平成大学講師として、子どもの未来を支える小学校教諭、幼稚園教諭、保育士などの育成や指導に携わる。近著に「オンライン、ソーシャルディスタンスでできる 学級あそび&授業アイスブレイク」(明治図書)がある。
《鈴木邦明》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top