教育業界ニュース

TOEIC Listening & Reading公開テスト、10月より受験料値上げへ

 日本でTOEIC Programを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)は、2021年10月の実施回よりTOEIC Listening & Reading公開テストの受験料を改定すると発表した。改定後は、税込で現在の受験料より1,320円増額となる。

教材・サービス その他
TOEIC Program
  • TOEIC Program
  • TOEIC Listening & Reading公開テスト 受験料改定の内容
  • 画像出典:国際ビジネスコミュニケーション協会
 日本でTOEIC Programを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)は、2021年10月の実施回よりTOEIC Listening & Reading公開テストの受験料を改定すると発表した。改定後は、税込で現在の受験料より1,320円増額となる。

 IIBCでは、2020年10月25日の公開テスト以降、スペースを空けながらも1人でも多くの受験者がテストを受けられるよう午前午後の1日2回実施を開始。受験者に安心・安全な試験環境を提供できるよう、検温・会場内の消毒、会場内の座席配置の見直し等の感染予防策を講じてきた。こうした会場借用料、感染予防策実施に伴う資材・人件費、運営方法変更やセキュリティ対策にともなうシステム費用等が増加したことを受け、今後も安全・安心な試験環境のもとでテストの品質・信頼性を維持していくためには受験料の改定が必要であるとの判断に至ったという。

 受験料は、9月12日に実施する第276回・第277回までは現行の6,490円(税込)。10月3日に実施する第278回・第279回から新料金7,810円(税込)となり、改定により1,320円増額することとなる。また、リピート受験割引の受験料も現行の5,846円から7,150円(ともに税込)へ同時に改定。団体一括受験申込みの新価格は、2022年4月の実施回から適用となる。

 TOEIC Programは、TOEIC Listening & Reading Test、TOEIC Speaking & Writing Tests、TOEIC Bridge Listening & Reading Tests、TOEIC Bridge Speaking & Writing Testsの総称。4つのテストをあわせたTOEIC Programは、世界160か国、約1万4,000団体で実施されている。

 国内においては、新型コロナウイルス感染予防の観点から定員制で実施しており、申込受付は抽選方式としている。各公開テストのスケジュールや詳細は、IIBCのWebサイトから確認できる。
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top