教育業界ニュース

教育機関向け「Pepper for Education」指導書も提供

ソフトバンクロボティクスは、2021年4月1日から人型ロボット「Pepper(ペッパー)」の教育機関向けモデル「Pepper for Education」を提供。Pepper本体だけでなく、簡単にプログラミング可能な「Robo Blocks」や、Pepperと一緒に学べる教育アプリがセットになっている。

教材・サービス 授業
「Pepper for Education」スローガン
  • 「Pepper for Education」スローガン
  • 「Pepper for Education」の概要
  • 使用例
 ソフトバンクロボティクスは2021年4月1日から、人型ロボット「Pepper(ペッパー)」の教育機関向けモデル「Pepper for Education」を提供開始した。Pepper本体だけでなく、簡単にプログラミング可能な「Robo Blocks」や、Pepperと一緒に学べる教育アプリがセットになっている。

 Pepperを教材として、児童の課題解決力を育むことを目的としている。課題をどのように解決するかを考える「探究型学習」を身に付けられる指導書も付属。

 また、専門講師による個別研修や探究型学習導入用オリジナルカリキュラムの編成が含まれている支援サービスのオプションも用意されている。ソフトバンクロボティクスはロボットを活用した教育を通して、次世代のリーダーが育つ機会を提供していく。

◆「Pepper for Education」の概要
受付開始日:2021年4月1日(木)
提供内容:
・人型ロボット「Pepper」の貸し出し※問い合わせ対応、自然故障無償交換を含む
・STREAM教育を実践する下記の教材
-教育用プログラミングツール「Robo Blocks」
-教師用指導書および児童生徒用ワークシートなど
・研修・PBL導入支援(オプション)
対象:教育に関わる活動を実践する団体・法人
費用・提供期間:販売代理店により異なるため、要問合せ。
《安田萌香》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top