教育業界ニュース

Google、学びの可能性を広げる教育機関向け新機能を発表

 Googleは2021年2月18日、「Google Workspace for Education」を発表した。利用可能なエディションを4つへと拡大。柔軟性とシンプルな使いやすさを柱に、2021年内にさまざまな新機能が追加される予定だ。

ICT機器 授業
エディションの比較
  • エディションの比較
  • Google Workspace forEducationで学習するためのその他のオプション
 Googleは2021年2月18日、「Google Workspace for Education」を発表した。利用可能なエディションを4つへと拡大。柔軟性とシンプルな使いやすさを柱に、2021年内にさまざまな新機能が追加される予定だ。

 Google Workspace for Educationは、Google Classroom、Google Meet、Gmail、カレンダー、ドキュメントなど教育現場でのコミュニケーションとコラボレーションに適した統合ソリューション。幼稚園から大学院まで、世界中の教育機関のニーズを満たすために、利用可能なエディションをこれまでの2つから、「Google Workspace for Education Fundamentals」「Education Standard 」「Teaching and Learning Upgrade (教員アカウント向け)」「Education Plus(旧称 G Suite Enterprise for Education)」の4つへと拡大する。

 なお、「Education Standard 」「Teaching and Learning Upgrade」は2021年4月より提供開始となる。現在の無料版「G Suite for Education」は、「Google Workspace for Education Fundamentals」へと変更される。名称と追加される新機能以外に変更はない。

 今後も継続して教育機関を支援し、ストレージリソースを公平に活用できるよう、Google for Education に新しい共有ストレージ モデルを導入する。新しいストレージ モデルでは、ドメインごとに100TBのクラウドストレージ容量を提供。2022年より新規ユーザーへの適用が開始され、2022年7月にはすべての既存ユーザーのGoogle Workspace for Educationエディションで有効となる。

 Google Workspace for Educationは今後、Google Classroomにおいて生徒の使用状況を管理者が簡単に把握できる機能や、Androidスマートフォンからの画像編集機能の改善、AndroidスマートフォンのGoogle Classroomアプリをオフラインで動作できる新機能を追加。Google Meetでも、教員(モデレーター)が、全員の会議を終了する機能や、全員を一度にすばやくミュートにするオプションが追加される。

 2021年に日本で発売される教育機関向けChromebookの新モデルには、各学校の固有のニーズに適したモデルの選び方や、Chromebook製品群の管理と最適化に役立つ新機能を含む500以上の管理コンソールポリシーが含まれる。今後のChrome OSアップデートには画面記録ツールが組み込まれ、教員や生徒は教室や自宅でオンライン授業などを簡単に録画することができる。
《外岡紘代》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top