教育業界ニュース

学校のワクチン接種会場使用、教職員の関わりは…文科省Q&A更新

 文部科学省は2021年2月2日、「教育活動の実施等に関するQ&A」を更新した。新型コロナウイルスのワクチン接種会場として、学校の施設を使用した場合の感染対策や教職員の関わりなどについて、文部科学省や厚生労働省の方針などを示している。

教育行政 文部科学省
画像はイメージ
  • 画像はイメージ
  • 教育活動の実施等に関するQ&A(2月2日更新)
 文部科学省は2021年2月2日、「教育活動の実施等に関するQ&A」を更新した。新型コロナウイルスのワクチン接種会場として、学校の施設を使用した場合の感染対策や教職員の関わりなどについて、文部科学省や厚生労働省の方針などを示している。

 「教育活動の実施等に関するQ&A」は、新型コロナウイルスに関連した感染症対策の対応についてまとめたもの。5分野のうち、「その他」の「学校の施設等の活用に関すること」を更新した。

 新型コロナウイルス感染症の予防接種の実施にあたっては、文部科学省は2月1日付で全国の教育委員会などに通知を発出。地方公共団体から、教育委員会などが所管する施設を使用したいという要望が示された場合は積極的に協力するよう求めている。

 Q&Aでは、「ワクチンの接種会場として、学校の施設を使用した場合、接種会場の準備や後片付けなどの作業に学校の教職員も関わるのか」「ワクチンの接種会場として、学校の施設を使用する場合の感染症対策や、接種を実施した後、その施設の消毒等はどのように行われるのか」という質問への回答を掲載している。

 ワクチン接種会場として学校を使用するにあたっては、教育活動に支障がないよう配慮しつつ、児童生徒などと接触しないような動線の設定、接種後の会場の消毒など、会場の特性に応じた必要な配慮について、厚生労働省から都道府県の衛生主管部局に周知していると説明。「ワクチン担当部署が行う会場の確保等に、教育委員会としても連携・協力するとともに、実施計画の確認や接種会場の責任者との打合せ等により、消毒を含めた原状復帰の方法等を確認し、会場校の教職員に負担が生じないようにすることが大切」としている。

 感染対策については、「新型コロナウイルス感染症に係る予防接種の実施に関する手引き」をもとに、ワクチンの接種会場では、時間ごとの予約枠の設定、被接種者の動線の検討、定期的な換気などの感染防止対策が講じられるよう、ワクチン接種の実施に関する体制をとることとされていると指摘。「ワクチン接種を実施する機関が、施設の状況に応じ、感染症対策を講じる」としたほか、保護者児童生徒などから不安の声が寄せられた場合には、ワクチン接種担当部局と連携し、同部局で実施している感染症対策について、丁寧に説明するようお願いしている。

 「教育活動の実施等に関するQ&A」は、文部科学省のWebサイトから確認できる。
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top