教育業界ニュース

企業と学校現場をつなぐ「学校雇用シェアリンク」開設

 文部科学省は2021年1月8日、新型コロナウイルス感染症の影響などで雇用シェアを希望する企業と、人材の受入れを希望する教育委員会や学校をつなげるため、Webサイトに「学校雇用シェアリンク」を開設した。

教育行政 文部科学省
「学校雇用シェアリンク」のリーフレット
  • 「学校雇用シェアリンク」のリーフレット
  • 「学校雇用シェアリンク」のリーフレット
 文部科学省は2021年1月8日、新型コロナウイルス感染症の影響などで雇用シェアを希望する企業と、人材の受入れを希望する教育委員会や学校をつなげるため、Webサイトに「学校雇用シェアリンク」を開設した。

 「学校雇用シェアリンク」は、新型コロナウイルス感染症の影響などで従業員の雇用維持に苦慮し、雇用シェアを希望する企業と、企業人材の受入れを希望する教育委員会・私立学校・国立大学附属学校などをつなげるための求人情報データベース。学校現場が、雇用維持の選択肢のひとつになればという思いで立ち上げたという。

 求人イメージは、企業の勤務経験を生かして高校生の進路相談や面接の練習などを支援する「キャリア教育講師」、得意な語学を生かして英語(外国語)学習のアシスタントとして活動する「英語(外国語)学習の支援」、学校のICT活用をサポートする「ICT支援員」「GIGAスクールサポーター」など。求人は、基本的には教員免許不要。校種や学校設置者に限定はなく、国公私立の小中高校、こども園、大学、高等専門学校、専修学校などが対象となる。

 「学校雇用シェアリンク」では、学校関係者からの求人情報について、在籍型出向や人事交流、兼業副業などによる従業員の派遣を希望する企業の担当者に提供・共有。採用条件の調整や選考などは、学校側と企業側の人事担当者同士で協議する。企業関係者向けと教育委員会・学校関係者向けの登録フォームがあり、アンケートフォームに沿って情報を入力することで利用登録できる。

 文部科学省では、企業で培われた経験や知識を生かして民間企業の勤務経験者に学校へ入ってもらうことは、学校現場にとっても、学校教育の活性化に大きくつながる大変有益な機会になるとしている。
《奥山直美》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top